社会福祉主事(ケースワーカー)が学べる関東・甲信越エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

福祉・介護福祉社会福祉主事(ケースワーカー)

この条件で検索する

社会福祉主事(ケースワーカー)が学べる関東・甲信越エリアの学校検索結果

91

1-30件を表示

社会福祉主事(ケースワーカー)の仕事内容とは?

児童、障害者、高齢者、母子家庭、貧困で困っている人など、福祉による支援や保護を必要としている人たちをサポートする地方公務員。各地方自治体の福祉課、福祉事務所、福祉協議会などに配属され、仕事内容に応じて、相談や援助の申請を受け付ける「面接員」と、相談者の状況把握や定期的な家庭訪問などを行う「地区担当員」に分けられる。まず面接員が、相談に訪れた人の話に耳を傾け、何が問題で、どのような援助法が考えられるのか検討する。具体的な援助計画を立てた後の業務は、地区担当員が引き継ぐ。地区担当員は、援助内容を決定するために家庭訪問をして実態を調査し、関係機関と連絡を取り合いながらアフターケアを行う。ケースワーカーとして働くためには「社会福祉主事任用資格」が必須で、厚生労働大臣指定の養成機関や講座などを履修すれば取得できる。ただし、実際の職に就いていないと名乗れない「任用資格」なので、地方公務員試験に合格し、地方自治体の福祉関連部門に配属されなければならない。