立正大学のセンパイ紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

将来の夢は、地元の新潟県に恩返しができるような、小学校教諭になること

KEYWORD

  • #教育
  • #幼稚園教諭一種免許状
  • #小学校教諭一種免許状
  • #埼玉
  • #大学入学共通テスト利用入試
  • #私立大学
  • #3年生

恵まれた環境で過ごした高校3年間

私は、新潟県の南魚沼市の自然に囲まれた環境で、家族や友人、尊敬する先生に支えられながら、将来の夢である小学校教諭になるために、勉強や部活、習い事に励んでいました。
普段の高校生活では、通常授業の時間を大切にし、疑問に思ったこと、分からないこと、大切だと思ったことは必ずメモをして、友人や先生に聞くことを欠かさずに行っていました。
受験期も同様で、大学入学共通テストに向けて、友人や先生のサポートを受けながら、早朝や放課後での勉強や過去問を繰り返し解くことで試験対策を行いました。
もちろん、辛いことも多々ありましたが努力し続けられたのは、一緒に目標に向かって切磋琢磨できる友人、最後までサポートをしてくれた先生のおかげです。
こんな恵まれた環境のおかげで、高校生活も受験勉強も、最大限力を出し切って充実した毎日を送ることができました。

進学を決めたきっかけは、今でもお世話になっている先生との出会い

私が高校生のときに、立正大学社会福祉学部の先生に来ていただいて授業を受ける機会があり、そこで今でもお世話になっている先生と出会いました。その先生の授業は、保育や教育の現場を意識した実践的な授業で、実際に私が将来の夢を叶えるために、大学で学びたいと思っていることが詰まっていたと感じたのを今でも覚えています。
こんな素敵な先生の下で小学校教諭になるために学びたいと感じ、立正大学への進学を考えました。
大学に入学した後も、現場を経験されている先生方から教わる知識や技能は、自分の将来と直結していると感じています。また、大学生になると学生と先生の距離が遠くなるというところが多いと聞きますが、立正大学の先生方は、私が入学する前にイメージをしていたよりも近い距離で支えてくれています。

将来の夢は少しでも地元へ恩返しをすること!

私の将来の夢は、地元である新潟県で小学校教諭になることです。大学入学前まで、新潟で過ごし、家族、友人、先生、地域の方々と、多くの方に支えていただきました。一人暮らしをしている今だからこそ、たくさんの方に支えてもらってきたと実感することが多くあります。地元の良さに触れ、温かい人たちに出会ってきたからこそ、恩返しがしたいという想いが強くあります。そのために、立正大学で学び、子どもたちに寄り添える教育が出来るような知識や技術、人間性を培うことで、将来、教員として少しでも恩返しをしていきたいと考えています。素敵な小学校教諭になれるよう精一杯努力します。

志望理由

 高校生のときに、大学の先生に来ていただいて、授業を受けるという機会がありました。その際、現在大学でもお世話になっている奥富先生と出会いました。奥富先生の授業はとても楽しく、実際の保育や教育の現場を意識した実践的なもので、自分の学びたいことが詰まっていると感じたことを今でも覚えています。奥富先生の授業を受け、こんな素敵な先生の下で小学校教諭になるために学びたいと感じました。
 カリキュラムについて調べてみると、立正大学では小学校教諭だけではなく、幼稚園教諭免許状を一緒に取得できることを知りました。私は小学校教諭を目指すにあたって、幼児期からの繋がりのある教育をするために、幼児教育についても学びたいと考えました。そのため、小学校教諭一種免許状に加えて、幼稚園教諭一種免許状を取得したいと考え、立正大学を志望しました。
 さらに、私は幼い頃からピアノを習っていたこともあり、音楽が大好きです。立正大学ではリトミック指導資格も取得することができます。音楽を通して子どもたちの表現力や想像力など、多くの力を引き出すことが出来るよう、リトミック指導資格も取得したいと考えたため、そこにも大きな魅力を感じました。
 このように立正大学では、多くの資格や免許を取得することができます。自分の夢に向かって充実した環境で学べると考え、立正大学進学を決めました。

志望理由の GOOD POINT!

 大学のカリキュラムについてしっかりと調べていただいていることがよくわかります。また、自分のこれまでの経験を生かして、どのような分野をどのように学びたいか、具体的に表現している点が素晴らしいと思います。文章の構成もしっかりしており、今後の大学での活動に期待が持てる内容です。

大学生活の中で目標を見つけられる、素晴らしい環境がある大学

KEYWORD

  • #福祉
  • #社会福祉士
  • #埼玉
  • #学校推薦型
  • #私立大学
  • #3年生

部活づくしの高校生活から知った社会福祉学部

高校時代は部活動中心の生活でした。関東大会出場という目標を掲げ、平日は3時間から4時間程度、土日は5時間程度練習をし、大会や遠征などもあったため、部活動に多くの時間を使っていました。
入部当初はこの環境に耐えられず、やめたいと考えてしまうこともありましたし、「学校に行かなければ、部活動に参加しなくて良いのでは?」と思う日もありました。
しかし、負けずに部活動に励んでいくうちに、そんなことも忘れてしまうくらい大切な仲間たち、時に厳しく時に優しく指導してくれる恩師と出会うことが出来ました。
こういった経験から、人との繋がりの大切さ、人と関わることの楽しさを学び、このことを多くの人に伝えたいと思うようになり、一年次からゼミ活動でディスカッションを多く取り入れている社会福祉学部を志望しました。

推薦型入試のコツは、「自分事化」して考えること!

高校時代は部活動中心だったこともあり、本格的に受験に向かっていったのは高校3年生の5月からで、周りの友人と比較すると少し遅めのスタートでした。
最初から総合型選抜の受験を目指し、まず面接練習を行いました。志望理由や自己分析には苦労をしましたが、まず思いついたことを紙に書き、先生方の面接練習を経て、徐々に仕上げていきました。最初はうまく自分のことを言葉にすることができませんでしたが、「思っていることを素直に言葉にして伝えればいい」、と開き直って考えるようにしました。
このおかげで、夏休みに始めた小論文の練習も自分の体験談とリンクさせて考えることができ、スムーズに書けるようになったと思います。
面接も小論文もとにかく反復することが大切です。
過去の問題を、時間制限を設けずに文章を書く練習から始め、書いたものは先生にチェックをしてもらい、ある程度書けるようになったら時間制限を設けて、また先生に見てもらう。これを繰り返し行いました。
推薦型入試は、何事も「自分事化すること」が大切だと思います。
特に小論文は最近のニュースや社会課題に対して考えることが多く、苦手意識を持ってしまう方も多いかもしれませんが、「自分事化」することで、身近に感じること、考えることができるはずです。

目標は、人に寄り添うことのできる「ソーシャルワーカー」になること

現在は、「社会福祉士」の国家資格を取ることを目標に日々勉強しています。
大学入学前は、人との繋がりの大切さ、楽しさを多くの人に伝えたいという漠然とした目標がありました。入学後には、オンライン授業も含めて様々な授業で学び、また相談にのってくれる親身な先生方と話しているうちに、社会福祉士の国家資格を取得し、さまざまな人に寄り添うことのできるソーシャルワーカーになりたいと、明確な目標を得ることが出来ました。
またこれまでの大学2年間、「学生生活の時間を大切にしよう!」「迷ったら後悔しないようにまずやってみる!」という目標を定め、国家資格取得のための勉強だけではなく、大学が行っている北海道東川町や埼玉県熊谷市の活性化にかかわるプロジェクトにも参加しています。コロナ禍においても、自分の意志があれば様々なことを学ぶことができ、そのような環境が充実している大学に入学できてよかったです。
これから、どこの大学でなにを学びたいか迷っているのであれば、様々な人と近い距離でコミュニケーションを取ることができ、たくさんの視点から将来の目標をゆっくりと決められる立正大学がお勧めです。

志望理由

 私が立正大学社会福祉学部を志望した理由は、同世代の若者の自殺者が多い現状を、何とかしたいと考えたからです。私は高校時代、部活動で毎日厳しい練習を重ねており、その中で退部や休学などについて思い悩んだ時期がありました。しかし私には、励まし合う仲間、尊敬できる先輩、時に厳しく時にやさしく指導してくださる恩師との出会いがありました。そのような人とのつながりや支えが、私の生きがいをもたらしてくれていることに気づきました。そんな時、10代の死因の1位が自殺であるという事実を知ったのです。進路を考えるにあたり、同じ日本で暮らしている若者をはじめ様々な人々が、自ら命を絶つような現状を少しでも良くしたい、今度は自分が他の人を助ける番だと考え、社会福祉を学びたいと思いました。
 立正大学社会福祉学部には、ゼミでのグループディスカッションや実習など、実践的なカリキュラムが用意されていると知りました。もともと人とのコミュニケーションが好きですが、さらにその力を磨き、様々な人々を支援するための知識や技術を学びたいと思います。

志望理由の GOOD POINT!

 自分の高校時代の悩みや出会いと、社会の中で起こっていることを結び付けて今後の学習目標を示しており、学ぶ意欲が伝わる内容です。「コミュニケーションをとることが好き」など、自分の持つ「力」もPRしており、とても好感を持ちました。

  • 学校No.254
  •  

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす