関東学院大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

関東学院大学 PRイメージ

133年の歴史を未来につなぐ。キリスト教主義の総合大学

1884年(明治17年)、関東学院はアメリカ・バプテスト教会の宣教師で社会貢献活動に積極的に取り組んだA.A.ベンネットによって横浜山手に神学校として創立され、2017年には創立133年を迎えます。
以来、キリスト教精神に基づく「人になれ 奉仕せよ」を校訓として、高度な専門知識と技術、豊かな人格と教養を備えた人材の育成に力を注いできました。

そして、2017年4月には、「経営学部」と「法学部地域創生学科」がスタート。
建学の精神のもと、次の社会に必要とされる大学像を求めて進化し続けています。

関東学院大学 PRイメージ1
関東学院大学 PRイメージ2
関東学院大学 PRイメージ3
関東学院大学 PRイメージ4
関東学院大学 PRイメージ5
関東学院大学 PRイメージ6

トピックス

2017.11.24

”フラット3併願”導入のお知らせ

2018年度入試より、1受験分の検定料で3併願まで定額で出願できる“フラット3併願”を導入します。

フラット3併願を利用すると、1受験分の検定料(35,000円)で最大3学部・学科/コースを併願することができます。

◇ 対象入試:2018年1月28日(日)一般入試前期日程 2科目型〈全学部統一入試〉
 ※出願期間:1月5日(金)~1月18日(木)

◇ 対象学部:全学部・学科/コース

(例: 1度の受験で、経済+経営+法学科を併願可能。検定料は定額35,000円。)

※2/3(土)、2/4(日)、2/5(月) の一般入試では2受験目以降の検定料が20,000円となる“ベーシック併願”が利用できます!

☆詳細は本学「受験生応援サイト」を確認してください☆
〔http://ao.kanto-gakuin.ac.jp/admissions/point.html#point2 受験生応援サイト〕

2017.11.01

2018年度 「学生募集要項」が完成しました

2018年度 「学生募集要項」(一般入試とセンター試験利用入試の募集要項です)を本学受験生応援サイト上に公開しました。


今年度より、一般入試とセンター試験利用入試はWEB出願となります。

学生募集要項、願書はWEB上での公開となり、配布いたしません。

ご希望の方には、「出願マニュアル」をお送りいたします。

http://ao.kanto-gakuin.ac.jp/topics/detail.html?id=561

2017.10.18

【国際文化学部英語文化学科】留学特待生入試が2018年からスタート。

留学意欲の高い学生をバックアップするため、国際文化学部英語文化学科の学生を対象に、留学時の現地費用の一部として30万円の奨学金を支給する留学特待生入試が新たにスタートします。
関東学院大学は、海外提携校との間で「交換留学」「派遣留学」「語学派遣留学」の3つの制度を用意し、半期または1年の長期留学プログラムを実施しています。一般入試(前期日程[2科目型])での国際文化学部英語文化学科志願者の上位10名を対象に、これらの留学プログラムへの参加を支援します。
また、合格者には入学後に多彩な学修支援も提供します。ぜひ、挑戦し大学在籍中に、海外での学びを体験してください。

詳細は本学受験生応援サイトをご確認ください。
[http://ao.kanto-gakuin.ac.jp/topics/detail.html?id=521 受験生応援サイト]

2017.09.05

【高校教員のみなさまへ】高校生のための出張講義「知のフロンティア」のお知らせ

関東学院大学では、講義内容を具体的に知りたいという受験生や高等学校の先生方からの要望に応えるために 高校生のための出張講義「知のフロンティア」を実施しています。
大学で開講している講義を高校生向けに分かりやすくアレンジし、大学の講義がどのようなものか体験することができます。
総合大学ならではの多彩な学問分野から多数の提供科目をご用意しております。総合学習の時間などで、関東学院大学の講義をぜひご利用ください。

提供科目の詳細やお申込方法については、下記をご覧ください。
http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/index.php/ja/home/social-and-regional-cooperation/business-trip-lecture.html

募集内容・学費(2017年4月実績)

関東学院大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

国際文化学部

英語文化学科

概要 グローバル社会において、英語でのコミュニケーション能力は必要不可欠。英語文化学科では、英語の運用能力(読む、書く、話す、聞く)を磨くとともに、異文化への理解を深め、国際社会の場での円滑なコミュニケーションスキルを身につけます。ネイティブスピーカーの先生の授業も多く、生きた言葉としての「英語」を学びます。英語圏の文化への理解と4年間かけて培う実践的な英語力で、国際的な舞台で活躍する人材を育成します。
定員 138名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,369,660円
(2017年04月実績)

比較文化学科

概要 急速なインターネットの普及に伴い、世界は今、国という境界線を越えて多様な形で国際交流が進化しています。私たちが暮らす日本を軸にして、世界の地域や国々を「異文化理解」と「共生」をテーマに研究するのが比較文化学です。この学科では日本・アジア・欧米の大きく3つの地域における、言語・文化・歴史・思想・生活について学んでいきます。異文化理解に不可欠な語学力を高めるための外国語教育も充実。真の国際人となるための深い教養と共生の精神を育みます。
定員 138名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,369,660円
(2017年04月実績)

社会学部

現代社会学科

概要 「人間と社会」をテーマに、現代社会で起きているさまざまな問題を、いろいろな視点から多角的に理解し、問題解決を目指していきます。家族・地域・産業・文化・政治・マスコミなどを対象とする「社会学」、社会保障・障がい者援助・高齢者介護・児童養護などをテーマとする「社会福祉学」の2つの柱を設置。“今”を学ぶ学問だから、書物だけに頼らずに社会の現場を体験し、多くの人の話を聴くなど、世の中を自分の目で確かめながら学ぶことを大切にします。
定員 195名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,369,660円
(2017年04月実績)

法学部

法学科

概要 1年次には法律学の基礎的な知識や概念を理解し、2年次からは本格的に専門科目を学びます。少人数制のゼミナールでは、専門知識をより深く学んでいくだけでなく、教員や他のゼミ生に対して自分の言葉で発言し応答する訓練を積むことで、発表して説得する力、他者の意見を聞いて理解する力、協調性、責任感といった、社会人として役立つ基本的な力を身につけます。法律の視点から、問題の解決に必要な法律知識や政策等の提案・提言ができる能力を身につけた人材の育成を目指します。
定員 215名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,373,660円
(2017年04月実績)

地域創生学科(2017年4月開設)

概要 地域創生学科では、法学の知識・技能を身につけた、魅力ある地域づくりを担う人材の育成を目指します。
「地域リーダー育成演習」や「防災・復興演習」など、現場と連携して知識を実践につなげる科目や、日本の縮図と言えるほど多様な地域問題を抱えている神奈川県の市町長や職員が講義する「地域創生特論」、県内をフィールドとした学修を採り入れ、神奈川の実態に即しながら全国各地域に応用できる実践的な学びを提供します。
定員 111名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,373,660円
(2017年4月実績)

経済学部

経済学科

概要 経済や暮らしのしくみを明らかにし、現代社会の課題を解決する力を段階的、体系的に修得します。1年次に経済学の基本的な知識を身につけ、2年次からはそれぞれの興味や関心、さらには将来への道筋を見据え、「産業経済」「公共経済」「情報経済」「国際経済」の4つのコース制を導入しています。
現実の経済問題を通して、課題解決の実践力を養成する「経済記事を読む」や「国際協力の現場」などの科目により、実社会で期待されるさらに高い実践力をめざします。
定員 352名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,364,160円
(2017年04月実績)

経営学部(2017年4月開設)

経営学科

概要 経営学部では、幅広い教養や専門知識の修得と主体的・実践的な学びを両輪として、企業や組織が直面する課題を解決する力、新しいものを生み出す力、何かを変える力を養成します。経営学の学びの中で繰り返し社会に参加する機会を提供することにより、経営学の専門知識と方法を活用し、社会的諸問題を論理的かつ客観的に分析できる能力を培います。
これまでに培ってきた教育資源やネットワークを活かしつつ、これからの社会に求められる人材を育成するため、サポート企業ネットワーク「K-biz」を構築し、実際の企業の現場の視点を大きく取り入れた教育を推進。K-bizには、東証一部上場企業から地域企業まで、さまざまな業種から10社程度の参画を予定しています。
定員 352名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,364,160円
(2017年4月実績)

理工学部 理工学科

生命科学コース

概要 生命科学とは基礎生物学とその応用分野である食品科学、医薬品科学、エコロジーなどのさまざまな領域を含む学問です。これらをバランス良く学べるように、基礎科目、実験科目、専門科目、そして4年次の卒業研究と、段階的で実践的な学習プログラムを用意しています。講義や実験などの実践的な学びを通し、生命科学分野における最先端技術を修得します。
定員 63名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

数理・物理コース

概要 主に中学・高校の数学教員養成をめざすコースです。数学的能力を高めるために、さまざまな方面からアプローチを行います。代数、解析関連の演習、物理学などのほか、パソコンの専門科目などを設置して、物事を数理的に理解していく思考力そのものを身につけられるよう配慮。周囲の状況を科学的、合理的に分析し、冷静かつ客観的に判断を下すことのできる人材を目指します。
定員 31名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

応用化学コース

概要 人と社会の役に立つ新しい特性を持った素材を生み出す。従来からある機能をより高度化していく。環境保護に貢献できるリサイクルのアイディアを実現化する。これらに関わってくるのが、「もの」を変化させる技術である化学の力です。生活に密着した課題を解決していくための研究が行われているこのコースでは、教員と学生がともに考え、行動することを重視しながら、今後の産業界を支える実践的な知識と技術の修得を目指します。
定員 63名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

健康・スポーツ計測コース

概要 健康とスポーツ、計測をキーワードに「人間の心身」と「その測定技術」に関する知識を基礎からより実践的なレベルまで段階的に身につけます。スポーツを通じて明るく豊かで活力に満ち溢れた社会の構造に寄与する人材や、心理計測技術者、研究者の人材育成にも努めます。電気・電子・情報の技術を駆使して、真の意味でのスポーツを科学するコースです。
定員 20名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

総合機械コース

概要 家電製品、自動車など、機械全般の動作をつかさどる内部メカニズムやハードウェアをコントロールするために必要なメカトロニクス、制御系など“ものづくり”に必要な技術を総合的に学びます。実習では実際に機械製作を行いながら専門知識を修得し、デザイン的素養とエンジニアとしての技量をあわせ持った技術者を目指します。
定員 45名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

自動車コース

概要 自動車を基本に機械工学における構造、機構などについて専門的に学びます。講義だけではなく、自動車工房で直接自動車に触れ、ものづくりの楽しさを感じながら、エンジニアとして必要な知識・技術を身につけることができます。
自動車を基本とした機械工学における構造、機構、デザインに関する専門知識、機械工学応用分野に関する専門知識、機械系技術者として活躍するための基礎的な技術の修得を目指します。
定員 30名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

ロボティクスコース

概要 ロボットの構造・機構・制御・デザインに関わる知識を身につけたロボット研究者・技術者を目指します。機械工学や電気工学の知識だけでなく、制御や電子・情報工学の分野の科目も幅広く習得し、ロボットシステム全体の開発に必要な知識・技術を身につけることができます。設計・製図および実験・実習の分野ではほとんどの科目が必修になっており、“ものに触れる”体験学習を重視しています。
定員 21名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

電気・電子コース

概要 日本の基幹産業として世界のトップレベルに位置し、“ものづくり”の基盤を支えているのが、電気・電子産業界の技術力です。このコースでは電気、電子、情報と3つの分野に分かれたテーマに沿って講義・実験を行い、関連科目で得た知識の理解度をよりいっそう高めていきます。工学的な技術力と“ものづくり”に必要な創造力、その両方を磨き、高い専門性を身につけ電気・電子に関連する広範な職種のプロジェクトを担う人材の育成を目指します。
定員 48名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

情報ネット・メディアコース

概要 コンピュータのハード、ソフトの急速な発展と、通信・ネットワークやマルチメディアとの融合により、新たなコンピュータ技術や情報処理技術が誕生しています。情報社会をさらに発展させるには、個々の仕組みを理解し新たな技術を生み出す力を持った人材が必要です。ネットワークとマルチメディアをバランス良く学べるカリキュラムを設置し、目覚しく進化するIT分野で活躍できる十分なスキルを身につけた人材を目指します。
定員 104名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,739,660円
(2017年04月実績)

土木・都市防災コース

概要 「自然災害から大切な人、大切なもの、日々の暮らしを守りたい。」安全で安心な社会を実現し、未来を支える技術を身につけるコースです。国土、都市、地域を防災や環境という視点から見つめ直し、社会基盤を計画・設計・構築する技術を学びます。スタッフは全員が地震や台風、洪水といった防災のエキスパート。土木工学の最先端技術を駆使して未来を拓くシビルエンジニアや土木系公務員など、地域社会に貢献するバランスのとれた人材を目指します。
定員 55名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

建築・環境学部

建築・環境学科

概要 建築・環境学を狭い意味での工学技術の一分野ではなく、大きな広がりをもつ包括的・総合的な学問領域ととらえ、「デザイン/エンジニアリング」と「建築/環境」の2つの軸から5つの特色あるコースを編成。工学的な視点だけでなく、人文科学や社会科学など広い視野を持ち、未来へとずっと続くような「まち」「住まい」「暮らし」を創造できる人、文系・理系の枠を超えて現代社会が抱える課題の解決に取り組むデザイナーやエンジニアなど多岐にわたる分野で活躍できる人材を育成します。
定員 138名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,709,660円
(2017年04月実績)

人間共生学部

コミュニケーション学科

概要 多様な文化や価値観を持つ人々とのコミュニケーションに必要な能力を身につけます。
グローバル・コミュニケーション、メディア・コミュニケーション、ビジネス心理・コミュニケーションの3領域の専門科目を学修し、客観的視点から観察した事実を他者に正確に伝える力、英語または中国語での日常生活レベルの言語運用能力、メールやSNSなどインターネットで普及しているメディアやツールを良好な人間関係構築のために活用する知識、組織の中で一人一人の特性を活かして協働するためのスキルや態度を習得します。3年生の前半に全員がプロジェクト授業を履修するのも特徴です。
定員 148名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,444,660円
(2017年04月実績)

共生デザイン学科

概要 「かたちのあるデザイン」から「かたちのないデザイン」まで、共生の時代に私たちができることは何かを学びます。デザイン文化やデザイン企画、コミュニティデザインなど、課題を発見しこれを解決するための方策を構想する知識を習得する分野と、映像デザイン、プロダクトデザイン、インテリアデザインなど、構想を具体的に表現する技術を習得する分野の両方を幅広く学ぶことで、デザインを通して新しい提案ができる人材を養成します。さらに地域(おもに神奈川県内)の課題を解決するためのプロジェクトに参加することで、実践力を身につけます。
定員 95名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,544,660円
(2017年04月実績)

教育学部

こども発達学科

概要 小学校教諭、幼稚園教諭・保育士を養成する科目に加え、心理学関係の科目を多く用意。教育・保育・心理・健康・福祉の幅広い分野を学ぶことで子どもに対する理解を深め、保護者や家族にも支えられる、実力のある小学校教員・保育者を養成します。また、保育者を目指す男子学生にも門戸を開いているのも特徴。教育・保育現場での実習、ゼミナール、フィールドワーク、学外体験活動などを通じて現場経験を積み、実践力を養います。
2017年4月からは既存の過程に加えて特別支援学校教諭課程が設置されます。
定員 140名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,546,660円
(2017年04月実績)

栄養学部

管理栄養学科

概要 食と栄養のスペシャリストをめざして、「栄養学」「食品学」「調理学」「臨床栄養学」「給食管理」などを体系的に学修できるカリキュラムで学びます。管理栄養士養成課程では、専門知識と技術を得るだけではなく、医療や健康、福祉や介護などを学べる独自の科目を配置。幅広い進路の選択が可能な管理栄養士教育を実施。男女共学、総合大学の管理栄養士養成課程という特色ある環境で、学んだ知識を社会に還元する実践力を身につけます。
定員 100名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,549,660円
(2017年04月実績)

看護学部

看護学科

概要 学生一人ひとりに向き合う対話型の少人数教育、そして経験学習重視の教育で高い実践力を養います。医療の高度化、患者・家族のニーズの多様化、チーム医療の推進などに対応した学びで、「人間性」「倫理観」「科学的思考」「判断力」「調整能力」を培い、看護における理論・実践・研究を発展させる資質を形成します。総合大学という教育環境を生かし、学生が人として、また看護専門職として成長するための土台となる教養教育も充実。キリスト教に基づくサービスラーニングとして、ともに考え、寄り添い、生活を支えることができる人材の育成を目指します。
定員 80名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,928,370円
(2017年04月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • (株)ゆうちょ銀行
  • (株)三井住友銀行
  • (株)横浜銀行
  • (株)神奈川銀行
  • (株)沖縄銀行
  • 横浜信用金庫
  • さわやか信用金庫
  • (株)みずほフィナンシャルグループ
  • 住友生命保険相互会社
  • 第一生命保険(株)
  • 大和証券(株)
  • SMBCフレンド証券(株)
  • (株)エイチ・アイ・エス
  • 横浜農業協同組合
  • (株)プリンスホテル
  • (株)横浜ロイヤルパークホテル
  • 日清食品ホールディングス(株)
  • 小田急電鉄(株)
  • 東海旅客鉄道(株)
  • 東京地下鉄(株)
  • 日産自動車(株)
  • 鹿島建設(株)
  • 清水建設(株)
  • 大成建設(株)
  • 大和ハウス工業(株)
  • 積水ハウス(株)
  • (株)岡村製作所
  • キリン(株)
  • パナソニック(株)
  • 東京ガス(株)
  • 全日本空輸(株)
  • 警視庁
  • 神奈川県警察本部
  • 静岡県警察本部
  • 京都府警察本部
  • 防衛省陸上自衛隊
  • 防衛省海上自衛隊
  • 横浜市役所
  • 横須賀市役所
  • 小田原市役所
  • 平塚市役所
  • 茅ヶ崎市役所
  • 神奈川県教育委員会
  • …など

就職支援

1年次から総合的なキャリアサポートを実施

1年次よりキャリア形成を目的とした科目「KGUキャリアデザイン入門」「KGUキャリアデザイン基礎Ⅰ・Ⅱ」を全学で用意し、自分自身を知ることやゲストとして招いた卒業生の体験談を聞くことで、正課のカリキュラムの中で将来の自分が進む道を探っていきます。3年次からは、就職活動に必要な力を身に付けるための「就職ガイダンス」や、企業の選び方や情報収集の仕方を学ぶための「各種講座」、各企業の人事担当者を招いた「学内企業説明会」なども実施。
キャリアカウンセラーの個別指導や実践力を鍛えるプログラムなどを通して、学生が将来の道を自ら選択し、いま自分がどうするべきかを「気づいてもらうこと」を重視したサポートを行っています。

各種制度

関東学院大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

本学について

1884年(明治17年)、関東学院はアメリカ・バプテスト教会の宣教師で社会貢献活動に積極的に取り組んだA.A.ベンネットによって横浜山手に神学校として創立され、2017年には創立133年を迎えます。以来、キリスト教精神に基づく「人になれ 奉仕せよ」を校訓として、高度な専門知識と技術、豊かな人格と教養を備えた人材の育成に力を注いできました。
そして、2017年4月には、「経営学部」と「法学部地域創生学科」がスタート。建学の精神のもと、次の社会に必要とされる大学像を求めて進化し続けています。

220名の入学金・初年度年間授業料を全額免除!

一般入試(前期日程:3科目型)と大学入試センター試験利用入試(前期日程)の入試成績上位200名(全学部合計・各入試100名)、一般入試(前期日程:2科目型)でも、入試成績上位者20名を対象に入学金と初年度年間授業料を全額免除する「スカラシップ制度」を実施。2年次以降は前年度の学業成績により審査のうえ、最長4年次まで継続可能です。
また、AO入試・推薦入試等の合格者も「チャレンジ・スカラシップ制度」でスカラシップ生(入学時特待生)に採用されると、入学金と初年度年間授業料が全額免除されます(継続条件は上記「スカラシップ制度」と同様)。
その他にも、関東学院大学独自の奨学金制度を多数設置しています。

留学・語学研修

海外14ヶ国19大学で、長期・短期の留学プログラムを実施しています。これらのプログラムでは留学期間も関東学院大学の在学期間とみなされるため、休学せずに留学することができます。また、留学先で修得した単位は関東学院大学の単位として認定されるので、4年間で卒業することも可能です。全てのプログラムは国際センターと現地スタッフとの緊密な連携で実施され、安心して参加することができます。出発準備オリエンテーション、英語・韓国語・中国語集中講座、国際交流奨学金制度などバックアップ体制も万全。また、国際センターが企画する留学生との旅行やパーティーなどに参加し、学内でも国際交流を深めることができます。

キャンパスライフサポート

学習のことや学生生活に関することなど、さまざまな相談を受けつける総合窓口「学生支援室」を全キャンパスに設置。専門のスタッフが、充実したキャンパスライフを送れるように解決策を提案します。
履修登録に関すること、訪問販売でのトラブルなど一人暮らしに関すること、授業と連携した基礎科目サポートなど学習面での相談、クラブやサークル、ボランティア、アルバイト、キャンパスライフに関することなど、どんなことでも相談できます。

学修サポート

11学部14学科10コースからなる総合大学の利点を生かした「他学部受講制度」は、全学部で約1,200科目を他学部に開放しているため、各自の興味・関心に応じて学部を超えて「受講料なし」で受講することができます。この制度を利用して修得した科目の単位は、所属学部の基準により卒業所要単位として認定されます。
また、所属する学部・学科の専攻分野を主専攻として学びながら、他の学部・学科の分野について、副専攻として体系的に学ぶことができる「副専攻制度」も設置。副専攻として修得した科目は、各学部の基準により卒業所要単位に算入され、各副専攻の修了要件を満たした学生には、卒業時に「副専攻修了証明書」を授与します。

キャリアサポート

1年次よりキャリア形成を目的とした科目「KGUキャリアデザイン入門」「KGUキャリアデザイン基礎Ⅰ・Ⅱ」を全学で用意し、自分自身を知ることやゲストとして招いた卒業生の体験談を聞くことで、正課のカリキュラムの中で将来の自分が進む道を探っていきます。3年次からは、就職活動に必要な力を身に付けるための「就職ガイダンス」や、企業の選び方や情報収集の仕方を学ぶための「各種講座」、各企業の人事担当者を招いた「学内企業説明会」なども実施。
キャリアカウンセラーの個別指導や実践力を鍛えるプログラムなどを通して、学生が将来の道を自ら選択し、いま自分がどうするべきかを「気づいてもらうこと」を重視したサポートを行っています。

資格取得講座

希望する進路に向けて資格取得を支援する各種講座を開講しています。

公務員試験対策講座、教員採用試験対策講座、日商簿記検定対策講座、ファイナンシャル・プランニング技能検定対策講座、秘書技能検定対策講座、宅地建物取引主任者試験対策講座、旅行業務取扱管理者試験対策講座、ITパスポート試験対策講座、TOEIC(R)試験対策講座、カラーコーディネーター検定対策講座 など

学びの分野/学校の特徴・特色

関東学院大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 福祉・介護
  • 語学・外国語
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 体育・健康・スポーツ
  • 生活・服飾・美容
  • 栄養・食物
  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽

関東学院大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 保育・こども
  • 健康・スポーツ
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光
  • ファッション
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

関東学院大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 新設学部・学科
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 最寄駅からスクールバス

関東学院大学の所在地

横浜・金沢八景キャンパス 法/経済/経営/理工/建築・環境/人間共生/教育/栄養/看護学部

所在地

〒236-8501
神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1

交通機関・最寄り駅

●京浜急行・シーサイドライン「金沢八景」駅下車、徒歩約15分。
バスを利用する場合は、京浜急行バス(関東学院循環)約5分「関東学院正門」または「関東学院東」下車。
または、京浜急行バス(追浜日産自動車行)約5分「内川橋」下車。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

045-786-7019

関東学院大学のお問い合わせ先

入試センター【横浜・金沢八景キャンパス】

電話 045-786-7019
FAX: 045-786-7045
Mail: nyushi@kanto-gakuin.ac.jp

  • 学校No.1678
  • 更新日: 2017.12.01

関東学院大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

関東学院大学