東洋英和女学院大学のオープンキャンパス情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

その他のオープンキャンパスをさがす

オープンキャンパス

  • 無料ランチ付き
  • 保護者同伴可
  • プレゼントあり
  • 入退場自由
  • 事前申込不要
  • 模擬授業
  • キャンパスツアー
  • 在学生と話すことができる
  • 総合型選抜/AO入試エントリー受付
  • 入試対策講座開催
  • 願書無料配布
  • 過去問題配布

東洋英和女学院大学オープンキャンパス2020

開催地 神奈川県
開催日
  • 03/20(土)

緑豊かな美しいキャンパス、明るく活発な学生の雰囲気を、ぜひ体感してください。

東洋英和に通いたい。通わせたい。
そう感じさせるキャンパスです。
ぜひ一度足を運んでみてください。
各種ガイダンス、体験授業、在学生や教職員による個別相談ブース、キャンパスツアー、学食体験…きっと、興味のある学び、いきいきと輝く素敵な先輩、お気に入りの場所に出会えます。

開催日時
  • 2021年03月20日(土)10:00 ~ 15:00

開催場所

本学

開催地

〒226-0015
神奈川県横浜市緑区三保町32

交通機関・最寄り駅

●東急田園都市線「青葉台」駅下車。バスターミナル⑧番のりばより市営バスまたは東急バス「若葉台中央(郵便局前経由)」行きに乗り、「郵便局前」下車(約15分)、徒歩5分。
●JR横浜線「十日市場」駅下車。バスターミナル①番のりばより市営バスまたは東急バス「若葉台中央(郵便局前経由)」行きに乗り、「郵便局前」下車(約5分)、徒歩5分。
●相鉄線「三ツ境」駅下車。北口バスターミナル①番のりばより相鉄バス「若葉台中央」行き(※地区公園経由を除く)に乗り、「霧が丘高校前」下車(約20分)、徒歩10分。または神奈中バス「十日市場駅」行きに乗り、「郵便局前」下車(約25分)、徒歩5分。

参加方法・参加条件

事前予約制
詳細はホームページをご確認ください。

お問い合わせ先

TEL: 045-922-5512 (入試広報課/直通)
Mail: nyushi@toyoeiwa.ac.jp

  • 更新日: 2020.06.24
このオープンキャンパスについてもっと見てみる

学校見学会

  • 保護者同伴可
  • プレゼントあり
  • 入退場自由
  • 事前申込不要
  • キャンパスツアー
  • 願書無料配布
  • 過去問題配布

キャンパス見学

開催地 神奈川県
開催日
  • 随時開催

いつでもお待ちしております!

本学では、随時キャンパス見学を受け付けています。
予約も不要。正門横の守衛室で、キャンパス見学に来た旨をお伝えいただければ、どなたでも見学していただくことができます。

また、平日9:00~17:30までは、入試広報課にて大学や入試に関するご質問やご相談に個別で対応します。

<注意>
土日祝日や夏期休業期間、年末年始などは入試広報課が閉室となるため、キャンパス見学はできますが、個別対応ができません。
入試広報課での個別対応をご希望の方は、事前にご来校日をご連絡いただけますと、当日スムーズにご案内ができます。

緑豊かで、ドラマや映画の撮影にも使われる東洋英和のキャンパスへ、ぜひお越し下さい!

開催日時
  • 随時開催

開催場所

本学

開催地

〒226-0015
神奈川県横浜市緑区三保町32

交通機関・最寄り駅

●東急田園都市線「青葉台」駅下車。バスターミナル⑧番のりばより市営バスまたは東急バス「若葉台中央(郵便局前経由)」行きに乗り、「郵便局前」下車(約15分)、徒歩5分。
●JR横浜線「十日市場」駅下車。バスターミナル①番のりばより市営バスまたは東急バス「若葉台中央(郵便局前経由)」行きに乗り、「郵便局前」下車(約5分)、徒歩5分。
●相鉄線「三ツ境」駅下車。北口バスターミナル①番のりばより相鉄バス「若葉台中央」行き(※地区公園経由を除く)に乗り、「霧が丘高校前」下車(約20分)、徒歩10分。または神奈中バス「十日市場駅」行きに乗り、「郵便局前」下車(約25分)、徒歩5分。

参加方法・参加条件

予約不要
※個別対応をご希望の方は、事前に入試広報課までご連絡ください。

【東洋英和女学院大学 入試広報課】
TEL045-922-5512
E-mail nyushi@toyoeiwa.ac.jp
月~金 9:00~17:30(祝日・休校日を除く)

お問い合わせ先

TEL: 045-922-5512 (入試広報課/直通)
Mail: nyushi@toyoeiwa.ac.jp

  • 更新日: 2020.04.14
この学校見学会についてもっと見てみる

東洋英和女学院大学の注目記事

  • 学校No.875
  •