大正大学のオープンキャンパス情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

その他のオープンキャンパスをさがす

WEB個別面談

  • 保護者同伴可
  • 個別対応

大正コネクト<Zoom個別相談>

所在地 東京都
開催日
  • 随時開催

オンラインで入試制度も学校のこともよくわかる!

大正コネクトはZoomでできるオンライン個別相談です(予約制)。

インターネット環境があれば、スマホ・タブレット・PCから下記の時間帯で参加できます。
学費や入試、学校での学びなど気になることを気軽に質問してくださいね。

【開催日】毎週:月曜日、火曜日、木曜日、金曜日

【開催時間】
15:00〜15:30
16:00〜16:30
17:00〜17:30
※各回1名の完全個別相談になります

【所要時間】30分間

開催日時
  • 随時開催

参加方法・参加条件

参加希望の方は下記のURLよりお申し込みください。
https://kokokara.tais.ac.jp/feel/connect/

※当日12:00までにZoomのID、パスワードをメールいたします。
※相談当日の9:00まで申込可能

<注意事項>
●個別相談参加には「Zoom」アプリのダウンロードが必要となります。 スマートフォンからご参加の場合、事前に「Zoom」アプリのダウンロードが必要となります。PCからご参加の場合は、ダウンロードと併せてWEBカメラとマイクが整った環境をご準備ください。アカウント登録は不要です。
●多くの方にご利用いただくため、連続しての申込みはご遠慮いただきおひとり様一枠でのお申込でお願いします。
●やむを得ずキャンセルする場合は、アドミッションセンターまでご連絡ください。TEL:03-5394-3024
●保護者の方のご参加の場合は、お子様の情報を予約申込時にお知らせください。
●大正大学からの連絡は下記のアドレスとなりますので、メールを受信できるように設定をお願いします。
nyushi@mail.tais.ac.jp

お問い合わせ先

大正大学アドミッションセンター
TEL 03-3918-7311(代)
学校公式サイト【受験生応援サイト ココカラ】:https://kokokara.tais.ac.jp/

  • 更新日: 2021.06.09
このWEB個別面談についてもっと見てみる

学校見学会

  • キャンパスツアー
  • 在学生と話すことができる

キャンパス見学

開催地 東京都
開催日
  • 随時開催

いつでもキャンパスガイド!

大正大学を知るには、実際に足を運んで学生の話を聞くのが一番の方法! 在学生のスタッフがあなたのキャンパスガイド役となって、約30分で大学内を紹介。見学後の歓談タイムなど、さまざまなプログラムを用意しています。
お友達やご家族と一緒に、実際にキャンパスの雰囲気を体験してみてはいかがでしょう? きっと今まで知らなかった大正大学の新たな魅力を発見できるはずです。

月曜日~金曜日①15:00~②16:00~
土曜日、祝日①10:00~②11:00~③13:00~④14:00~⑤15:00~
【キャンパス内入構制限に伴い、現在Zoom個別相談「大正コネクト」も開催中です】

※内容は現時点でのものです。変更する場合もあります。

開催日時
  • 随時開催

開催場所

巣鴨キャンパス

開催地

〒170-8470
東京都豊島区西巣鴨3-20-1

交通機関・最寄り駅

都営地下鉄三田線「西巣鴨」駅下車、徒歩2分。
都電荒川線「庚申塚」駅下車、徒歩7分。
JR埼京線「板橋」駅下車、徒歩10分。
JR京浜東北線「王子」駅下車、バスで10分。

参加方法・参加条件

参加自由
※内容は現時点でのものです。変更する場合もあります。

お問い合わせ先

大正大学アドミッションセンター
TEL 03-3918-7311(代)
学校公式サイト【受験生応援サイト ココカラ】:https://kokokara.tais.ac.jp/

  • 更新日: 2021.06.09
この学校見学会についてもっと見てみる

大正大学の注目記事

  • 「現場」での学びを通じて、持続可能な地域づくりを実現できる人材に

    「現場」での学びを通じて、持続可能な地域づくりを実現できる人材に

    コロナ禍でいったん停滞したとはいえ、観光が今後の日本を支える重要な産業であることに変わりはありません。経済や雇用の面だけでなく、地域に様々なメリットをもたらしてくれます。一方で課題もあります。急激な外国人観光客の増加によって、環境面への悪影響や住民生活を脅かす事態も生じており、持続可能な地域づくりのために、地域を訪れる観光客および観光客を迎え入れる地域、双方の意見に耳を傾け、立場を理解できる複眼思考を身につけた人材が観光の現場では求められています。

  • 子どもと親がともに幸せに暮らすために、両方の心を支える専門家…児童相談所で活躍する心理職の話

    子どもと親がともに幸せに暮らすために、両方の心を支える専門家…児童相談所で活躍する心理職の話

    近年、親からの虐待や発育不良など、子どもの生命をおびやかす事件が相次いでいます。その背景には、親の育児放棄や虐待があり、心身両面で追い詰められている子どもが後を絶ちません。 心と生活の支援を必要とする親子を支える組織の一つに、都道府県などが設置する児童相談所があります。2019年度の児童相談所に寄せられた児童虐待に関する相談件数は19万件を超え、前年比21.2%もの伸びを示しています。その児童相談所で活躍する心理の専門家が、児童心理司です。親子の心を支える児童心理司の仕事に注目してみましょう。

  • 学校No.326
  •