児童相談員(児童福祉司)が学べる九州・沖縄エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

福祉・介護福祉児童相談員(児童福祉司)

この条件で検索する

児童相談員(児童福祉司)が学べる九州・沖縄エリアの学校検索結果

11

1-11件を表示

児童相談員(児童福祉司)の仕事内容とは?

各地の児童相談所で、18歳未満の子供に関するあらゆる相談に応じ、問題解決のための調査や援助を行う。子育てやしつけの悩み、不登校やいじめ、心や体の障害の問題、保護者の事情による養育問題、虐待、非行などの相談内容に対し、環境面と心理面の双方から適切な解決策を探っていく。児童相談員の職務は「児童福祉司」と「心理判定員」に分けられる。寄せられた相談に対し、子供を取り巻く環境面からアプローチするのは「児童福祉司」の役割。保護者や担任教師との面接などを行って、家庭環境や生育歴などを調査した上で問題の原因を探る。「心理判定員」は、子供と面接して行動を観察したり、心理テストやカウンセリングを実施したりして、心の状態や知能・生活能力などを診断する。場合によっては医師や保育士、学校、警察などとも連携することもある。所長を交えた会議で最終的な指導や援助を決定した後も、必要に応じて子供や保護者をサポートし、子供の健全な成長を助ける大切な存在となる。子供への深い理解はもちろんだが、問題解決の熱意と判断力、他の専門職との協調性、そして個人の秘密を漏らさない厳格さも必要である。