ミュージシャンになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

ミュージシャン

音楽・イベント系の仕事
ミュージシャン

どんな
職種?
ライブやレコーディングで楽器を演奏し、収入を得る

作詞・作曲をしたり、楽器を演奏したりして収入を得る職業。単独で演奏するソロかバンドや楽団などのグループがあり、作詞・作曲をすれば後に印税を得られる。テレビなどの番組やコンサート、ライブ会場で演奏をする仕事が一般的。ほかに楽曲のレコーディングに参加するスタジオミュージシャンの仕事や、伴奏をするバックミュージシャンの仕事、楽器メーカーのデモンストレーションを行う仕事などもある。近年は、扱うのが楽器とは限らず、さまざまな音楽電子機器を用いて作曲・演奏するプロもいる。

こんな人に
おすすめ!
何より音楽が好きなことが前提で、高い演奏技術と豊かな表現力

まず、楽器の演奏技術が卓越していること。または、ほかにはない個性的な表現力を備えていることが必要だろう。ソロとして活動する場合以外は、与えられた楽曲の構成やコードを覚えて時間をかけずに演奏をマスターするテクニックが求められる。安定した収入を得ることは容易ではないので、何より音楽が好きでなければ続けられない仕事といえる。

ミュージシャン

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

ミュージシャンを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:音楽など
  • 採用試験 就職先:音楽事務所、音楽レーベルなど
  • ミュージシャン
  • Point1

    音楽の専門学校で学ぶのも手だが、ほとんどは子ども時代から楽器を習っていたり、バンド活動をしていたりする。とにかく技術を磨き、演奏経験を積むことを心がけたい。

  • Point2

    ライブハウスなどへの出演や、音楽事務所へのデモ音源提出などで就業の機会を待つ場合が多い。近年ではインターネット経由での発表も増えている。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

音楽づくり系のその他の仕事

ミュージシャン
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける