トランペッターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

トランペッター

音楽・イベント系の仕事
トランペッター

どんな
職種?
高い音(ハイトーン)を駆使して演奏に迫力を与える

くちびるの振動によって発音する金管楽器の一つであるトランペットを演奏する人。B♭(フラット)トランペットにあたる種類が最も一般的だが、音域や形状の違うさまざまな種類がある。音の強さから吹奏楽やジャズでは、ソロのパートやレパートリーが多い。サックスやトロンボーンとともにホーンセッションとして、ポップスやロックのステージに立つことも。安定した音を出すまでには時間を要し、極めて高い音(ハイトーンもしくはハイノート)を出すにはさらにレッスンが必要となるが、それこそがトランぺッターとしての最大の見せ場であり、曲の全てを印象付ける場面となる。

こんな人に
おすすめ!
呼吸を細かくコントロールする呼吸法を体得している

音楽的なセンスや指先の動きだけでなく、肺活量があると望ましい。さらに、音の強弱を息の吐き加減で表現するため、呼吸を細かくコントロールできる呼吸法のスキルも求められる。また、ジャズの演奏を行う場合には、楽曲の流れや会場の雰囲気をくみ取りながらアドリブを行える演奏力が必要だ。

トランペッターを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:美術、音楽、教養学など
  • 採用試験 就職先:音楽教室、音楽スタジオ、レストラン、バー、フリーランスなど
  • トランペッター
  • Point1

    音楽系の大学や専門学校で学ぶのであれば、管楽器に強い学校を選ぶことが大切。また、いい音を出すためのスキルだけでなく、楽器選びやメンテナンスも重要だ。

  • Point2

    在学中でも卒業後でも、オーケストラやバンドのオーディションを受けて、合格すればトランぺッターの道が開かれる。コンクールで入賞などをしていれば、自分のスキル証明が可能だ。

音楽づくり系のその他の仕事

トランペッター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける