マニピュレーターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

マニピュレーター

音楽・イベント系の仕事
マニピュレーター

どんな
職種?
デジタル音楽時代に注目の音楽専門のプログラマー

コンピュータプログラムを用いて曲をつくったり、依頼に応じて音源を加工したり、ミュージシャンのニーズに応じてシンセサイザーやサンプラーによる音源をつくったり、自動演奏の打ち込みデータをつくるなど音楽専門のプログラマーともいえる職種である。電子楽器の発展により、コンサートでの活躍の場も増えている。音楽のネット配信などもあり、音楽業界での注目度は高い。まずは音楽大学、音楽専門学校で音楽だけでなく音楽ソフトについても学び、レコーディングスタジオや音楽制作会社に就職するのが一般的である。

こんな人に
おすすめ!
音づくりに関するセンスと構成力が求められる

打ち込み技術や音づくりに関するセンスに加えて、音によってライブで会場を盛り上げるための構成力も必要とされる。また、音源を流すタイミングを会場やプレーヤーの様子から見計らえることも重要なスキルだ。ステージに上がる場合もあるため、パフォーマンスの技術が求められることもある。

マニピュレーターを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:画像・音響工学、情報工学、音楽、舞台・演劇・舞踊学など
  • 採用試験 就職先:音楽制作会社、レコード会社、レコーディングスタジオなど
  • マニピュレーター
  • Point1

    音楽制作ソフトのDAW(Digital Audio Workstation)にはさまざまな種類があるため、自分の操作しやすいソフトを決めて操作スキルを磨くことが重要だ。

  • Point2

    音楽系の大学や専門学校などで学んだあと、音楽事務所やスタジオに就職するのが一般的だ。Pro Tools技術認定試験を取得しておくことでスキルの証明になるだろう。

音楽づくり系のその他の仕事

マニピュレーター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける