邦楽家になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

邦楽家

音楽・イベント系の仕事
邦楽家

どんな
職種?
伝統的な楽器を演奏・指導して日本の伝統芸能の魅力を伝える

日本の伝統的な楽器である三味線・琴・尺八・鼓などを演奏する。主な活動の場は、能楽・雅楽・日本舞踊・浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能のほか、演奏会・コンサート・演歌の伴奏や教本のためのレコーディングなどがある。最近では、CMや現代舞台・イベントなどでも注目を集めている。キャリアとしては、楽器ごとの家元・師匠の下で稽古をつけてもらいながら、演奏者や指導者として活躍のチャンスをつかんでいく人が多い。長唄・常磐津・清元といった三味線音楽を基礎から習得したい人は、狭き門ではあるが有名劇場などの養成所に入る道もある。

こんな人に
おすすめ!
日本の伝統楽器が演奏でき、手先が器用で音楽的なセンスが求められる

邦楽の伝統を守り、継承していく意味合いから、繊細な所作や、音楽的センスが求められる。優れた演奏技術を持つことが不可欠なため、手先が器用であることも大切だ。将来的には後継者を育成することも視野に入れて活動するため、三味線、琴、篠笛など、日本の伝統楽器や邦楽に関する知識と、それを人に教える指導力があると望ましい。

邦楽家を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、音楽、教養学など
  • 採用試験 就職先:音楽プロダクション、神社など
  • 邦楽家
  • Point1

    後継者を指導するために師範の資格はぜひとも取得したい。早い段階でよりいい師匠を見つけ師事することが、演奏技術習得の面でも、キャリアの構築の面でも望ましい。

  • Point2

    音楽系大学の邦楽科を卒業するか、師匠のもとで修行をして認められると、プロの邦楽家としての道が開けることが多いようだ。

音楽づくり系のその他の仕事

邦楽家
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける