音響エンジニアになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

音響エンジニア

音楽・イベント系の仕事
音響エンジニア

どんな
職種?
音響機器を巧みに操って聴衆に確かな“音”と感動を届ける

コンサートホールやライブハウス、劇場、映画、テレビ、ラジオ、インターネットなどのメディアに流れる音楽を、専門機材を操って音響調整などを行う仕事。ステージやレコーディングに必要な技術のエンジニアとして活動する以外に、音響会社、録音スタジオ、放送局、音響機器メーカーの設計開発など働く場は多様だ。最近はアナログ機材だけでなくデジタル機材やDTMソフトの操作スキルも必要とされ、仕事の幅は広がっている。音響芸術とも呼ばれる領域の職種だけに、電子・情報通信工学の知見と芸術的感性の両面で評価される。

こんな人に
おすすめ!
音響の知識・技術や音楽的なセンスに加え、専門的な電子工学・情報通信工学の知識があるとよい

音楽的な感性だけでなく、電子工学や情報通信工学などの専門知識もあるといい。スタジオやライブハウスなどの会場内だけでなく、テレビ、ラジオ、インターネットなどのメディアでの音響調整も担当する職種であるため、さまざまな音に興味がある人に向いている。

音響エンジニア

音響エンジニアを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:メディア学、電子工学、画像・音響工学、音楽など
  • 採用試験 就職先:ライブハウス、レコード会社、楽器店、音響会社、コンサート制作会社など
  • 音響エンジニア
  • Point1

    国家資格である「舞台機構調整技能士」の資格取得や民間団体の実施する試験である「サウンドレコーディング技術認定試験」を受験することによって、音響エンジニアとしてのスキルアップが可能だ。

  • Point2

    音楽・音響が学べる学校で、ミキシングやレコーディング技術、音響技術を習得し、ライブハウスや音響会社などでアルバイトの経験があると就職活動の際に有利になるだろう。

音楽づくり系のその他の仕事

音響エンジニア
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける