音楽タレントになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

音楽タレント

音楽・イベント系の仕事
音楽タレント

どんな
職種?
歌手・演奏者・ダンサーなど音楽系ステージのパフォーマー

テレビ・劇場・イベントなどの音楽コンテンツでパフォーマンスする歌手・ミュージシャン・ダンサー・コーラス等のタレントの総称。主にオーディションや、レコード会社・芸能プロからのスカウト、レコード会社へのデモテープ送付による売り込みなどでプロへの道が開かれる。独学だけではなく、専門学校や音楽家の下で基本を学ぶ道もある。これらの施設は、業界出身者もしくは現役のプロ講師も多いため、オーディションなどの情報が入りやすいというメリットも。ゆくゆくは、指導者・演出家・プロデューサー等に転身する人もいる。

こんな人に
おすすめ!
音楽が大好きで時代の求めるキャラクターに合わせられる柔軟性

多くの人々を惹きつけるカリスマ性やキャラクター性、音楽的才能などが重要な要素となる。歌唱力や楽器演奏力が高く、自分自身の魅力的な見せ方が分かっていると望ましい。どのような音楽タレントが成功するかは、その時代のニーズと流行に左右されるため、プロモーション方法に自分を合わせられる柔軟性が必要となる。

音楽タレントを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:音楽、文芸学、コミュニケーション学など
  • 採用試験 就職先:レコード会社、芸能プロダクション、音楽スタジオなど
  • 音楽タレント
  • Point1

    歌唱力や演奏力を日々磨き続けることが必要だ。ライブハウスで活動したり、オーディションを受けて経験を積むことが成功への道を開くだろう。

  • Point2

    スカウトやオーディションなど音楽タレントになる方法は多数あり、特に決まったキャリアパスはない。ステージやテレビ・ラジオだけでなく、スタジオやほかのアーティストのライブ会場など、積極的に顔を出し、人脈を広げる行動力も必要だ。

音楽づくり系のその他の仕事

音楽タレント
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける