ミキサーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

ミキサー

音楽・イベント系の仕事
ミキサー

どんな
職種?
スタジオなどで多彩な音源を理想的なバランスに仕上げる

ミキサーとは、主にレコーディングスタジオやコンサート会場で、ミュージシャンやディレクターの理想とする音のバランスに仕上げる仕事。音響機器を駆使し、各楽器のセクション、ボーカルなどの音源を演出に応じて仕上げる。レコーディングスタジオなら、マスターテープに収録する。まずは音楽大学や音楽専門学校で知識と技術を学び、レコード会社、音楽制作会社、レコーディングスタジオなどに就職して、現場での経験を積んでいくのが一般的。

こんな人に
おすすめ!
音質や音量をバランスよく再現する耳のよさと技術が求められる

アーティストによって使用する音響機材が異なるため、幅広いアンプやエフェクターに関する知識が必要だ。アーティストのイメージする音質やバランスを加味しつつ、全体のバランスを調整する耳の良さと細かい技術が重要である。レコーディングの場合には、録音機器に関する知識も求められる。

ミキサーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:映像、音楽、比較文化学など
  • 採用試験 就職先:レコード会社、イベント企画会社など
  • ミキサー
  • Point1

    音楽系の大学や専門学校などで技術と知識を習得後、レコーディングスタジオや音楽制作会社に就職するのが一般的だ。

  • Point2

    映像の分野で活躍したい場合には、音響だけでなく映像機器に関する知識があるといい。

音楽づくり系のその他の仕事

ミキサー
目指せる学校を探してみよう!