コーラス・アーティストになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

コーラス・アーティスト

音楽・イベント系の仕事
コーラス・アーティスト

どんな
職種?
安定した歌唱力・表現力でメインボーカルを引き立たせる

主にライブやコンサート、楽曲レコーディングの際に、別のアーティストのためにバックコーラスを担当するボーカリスト。メインボーカルを引き立たせるコーラスのための歌唱法ができることが重要だが、メインにも劣らないボーカルテクニックも必要だ。姿勢、口の開け方、呼吸法、高音の発声法といった歌うことの基本技術は必須。得意とする音域やジャンルによってコーラスを担当するミュージシャンが決まるので、豊かな表現力と幅広い対応力の有無でほかとの差がつく。ミュージシャンとの相性も重要。個性と協調性のバランスが問われる。

こんな人に
おすすめ!
メインボーカルを引き立てるための、歌唱力や協調性が求められる

ハミングしたり、きれいにハーモニーを響かせることで、メインボーカルの歌を引き立てる歌唱力が必須である。グループでコーラスを行う場合は、ほかのコーラス・アーティストとタイミングを合わせる協調性も求められる。また、譜面を渡されて歌うことがあるため、楽譜を見て、瞬時に音が再現できるような音感があるといい。

コーラス・アーティストを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踊学など
  • 採用試験 就職先:音楽プロダクション、フリーランスなど
  • コーラス・アーティスト
  • Point1

    音程、音量、リズムが安定していて癖がなく、他の声と混ざり易い声で歌えるように、普段から歌唱力を磨くことが重要。

  • Point2

    コーラス・アーティストになるには、オーディションに合格して音楽プロダクションに所属するのが近道だ。ミュージシャン仲間のつながりで現場に入りキャリアを積む人が多い。

音楽づくり系のその他の仕事

コーラス・アーティスト
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける