インペグになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

インペグ

音楽・イベント系の仕事
インペグ

どんな
職種?
ミュージシャンをアテンドする音楽の制作現場に欠かせない存在

スタジオミュージシャンなどの手配を行う専門の会社や個人のことを指す。コーディネーターやブッキングデスクなどと呼ばれる場合もある。アーティストやバンド、作詞家、作曲・編曲家、プロデューサー、ディレクター、コンポーザーなどから要望を受けて活動する。音楽制作、演奏に必要な音楽家のスケジュール調整、報酬の交渉まで一切を引き受けて紹介・斡旋などの業務を推進。コンサートや舞台、イベント関連学科のある専門学校などを経て、この職をめざすのが一般的。卒業後は音楽業界の人脈を築く努力も肝要である。

こんな人に
おすすめ!
事務能力と交渉力に加え、音楽業界での人脈を築く努力も肝要

スケジュール調整やギャラ交渉なども行うため、事務能力や管理能力に加えて、交渉力や提案力も必要だ。また、音楽の知識に加えて、音楽業界のトレンドを把握しておくことも重要である。クライアントの要望に合ったミュージシャンを手配できるよう、さまざまなジャンルのミュージシャンやアーティスト、音楽関係者との人脈づくりがあると望ましい。

インペグを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:映像、音楽、舞台・演劇・舞踊学など
  • 採用試験 就職先:インペグ会社、フリーランスなど
  • インペグ
  • Point1

    現役で活躍しているミュージシャンやプロデューサー、ディレクターとのつながりの深い、元ミュージシャンや元マネジャーなどの業界関係者がインペグになるケースが多い。

  • Point2

    インペグ会社によって得意な音楽ジャンルが異なるため、事前に確認しておく必要がある。

音楽づくり系のその他の仕事

インペグ
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける