コレペティトゥアになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

コレペティトゥア

音楽・イベント系の仕事
コレペティトゥア

どんな
職種?
よりよい公演に向けてオペラ歌手を指導・育成

オペラ歌手と一対一になり、新しい公演のための曲を教える教師役になる人を指す。ピアノの伴奏はもちろん、発声、発音、演技など指導の内容は多岐にわたる。公演中も、舞台に置かれたボックスからオペラ歌手へ舞台に入るタイミングを指示するなどの役目も。ピアノの実力だけでなく、指揮者とのレッスンではあらかじめ指揮者の意向を聞いておき、歌手に伝えるなどの伝達能力も必要である。日本ではよりよい公演に向けて、そのつど関係者から依頼を受けることが多い。職業として認知度が高まりつつあり、オペラ公演の増加とともに必要性も増している。

こんな人に
おすすめ!
オペラに関する知識や技量に加え、指導力とコミュニケーション能力が重要

オペラの演目や楽曲に関する知識が必要不可欠である。また、オペラ歌手の指南役として優れたピアノの演奏技術をはじめ、発声法に関する知識と指導力が必要だ。演技指導や発音指導も行うため、オペラ歌手と信頼関係を築けるコミュニケーション能力もあると望ましい。

コレペティトゥアを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:音楽、美術、舞台・演劇・舞踊学、文芸学など
  • 採用試験 就職先:オペラ団体、フリーランスなど
  • コレペティトゥア
  • Point1

    オペラの演目はイタリア語やドイツ語、フランス語などさまざまであるため、それぞれの語学に関する知識を身につけておくと実務に役立つ。

  • Point2

    国内よりも海外のほうがオペラ団体もたくさんある。コレペティトゥアとしてより高みを目指すなら、海外のオペラ団体を目指すのも一つの方法だ。

音楽づくり系のその他の仕事

コレペティトゥア
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける