ドラマーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

ドラマー

音楽・イベント系の仕事
ドラマー

どんな
職種?
ドラマーの刻む力強いリズムが音楽のノリと一体感をつくる

ドラムを演奏するミュージシャンを指し、ロック・ポップスをはじめとするバンド活動がメインになる。ベースとともにリズムの土台となり、バンド全体の一体感を生み出す重要な役割を果たしている。正確なリズムを維持しつつ、スピード感・持久力が要求される。スティックのたたき方に変化をつけたり、変拍子(4分の4拍子以外)などの高度な技術を磨いたりすることでバンドのサウンドもミュージシャンとしての可能性も広がっていく。ラテン・ジャズなど多彩な音楽を吸収することで、ジャンルを問わない活躍が期待できる。

こんな人に
おすすめ!
リズムをキープするためのリズム感と集中力

バンドの中でリズムを司る重要なパートであるドラマーは、両手両足を自在に操る必要があり、手先の器用さや高いリズム感が求められる。演奏する際、ほかのメンバーはドラマーが刻むリズムを頼りにするので、リズムを的確にキープできる集中力とリズム感があると望ましい。

ドラマーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:美術、音楽、教養学など
  • 採用試験 就職先:音楽スタジオ、音楽学校、レコード会社、フリーランスなど
  • ドラマー
  • Point1

    音楽に関する学科がある大学や専門学校で知識や技術を学ぶ。また自主的にバンドを組み活動するのが実践的である。音楽振興会が設けている音楽能力検定を受検すると、知識と興味を証明できる。

  • Point2

    自身が組んでいるバンドでメジャーデビューを目指すほか、バンドのサポートをしたりすることもある。また音楽スタジオでスタジオミュージシャンになる、音楽系学校で講師として指導する人もいる。

音楽づくり系のその他の仕事

ドラマー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける