舞妓・芸者になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

舞妓・芸者

音楽・イベント系の仕事
舞妓・芸者

どんな
職種?
日本舞踊やお囃子で宴席に華を添えるおもてなし

京都を中心とした花街の置屋(舞妓・芸者を育成・斡旋する店)に所属し、料亭や旅館などの宴席で舞踊やお囃子を披露する接客の仕事。舞妓とは、芸者(芸妓)になる前の見習い期間(中卒後から20歳前後)の呼称であり、関東では半玉(はんぎょく)という。伝統行事での大舞台もあり、華やかな衣装やたたずまいは国内外の観光客からも注目度が高い。近年は志願者が全国から集まる。修業期間にかかる諸費用は置屋が負担するため、舞妓時代の収入はご祝儀程度とされ、自由も限られることは知っておきたい。

こんな人に
おすすめ!
伝統文化の知識があり、美しい立ち振る舞いができて、顧客とのコミュニケーション能力が重要となる

着物の着付けをはじめ、着こなし方や美しい立ち振る舞いなどが求められる。また、日本舞踊や小唄など日本の伝統芸能に関する知識や技術に加え、座敷での作法、高いコミュニケーション能力も必要となる。外国人を相手にすることが多い座敷においては、日常会話レベルの英語力があると実務に役立つだろう。

舞妓・芸者を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、コミュニケーション学、美容、服飾・被服学
  • 採用試験 就職先:茶屋、置屋、花街の組合事務所など
  • 舞妓・芸者
  • Point1

    20歳前後で舞妓を卒業して芸妓にあがるため、年齢制限を考慮してキャリアパスを検討する必要がある。

  • Point2

    修行中は置屋で他の舞妓や芸者と共同生活を送るため、他人に対する配慮ができることも重要だ。

舞台・イベント系のその他の仕事

舞妓・芸者
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける