舞台機構調整技能士になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

舞台機構調整技能士

音楽・イベント系の仕事
舞台機構調整技能士

どんな
職種?
国家資格の下、劇場やホールで音響・照明舞台装置全般を管理

劇場やコンサートホールなど、舞台演出に必要な音響機器・設備のセッティングやミキシング全般(音響機構調整作業)、および舞台設備、照明・映像設備の管理調整を任される仕事。国家資格を取得した者のみが「舞台機構調整技能士」を名乗れる。資格には1~3級があり、各級に必要な実務経験が定められているが、2・3級は認定校の卒業や在学により受験資格を得られる場合もある。そのため在学中に3級を取得して音響専門の会社やコンサート制作プロダクションに就職し、実績を積んだ後、上級を求める人も多い。

こんな人に
おすすめ!
音感がよく機械の操作が得意、さらに電気工学に詳しい

舞台の音響のバランスを判断する必要があるため、音感がよくリズム感に優れているなどの音楽的スキルが高い人が活躍できる。またミキサーを操作して音響をデザインするため、マイクロフォン・スピーカーなどの音響機器の特性を把握する必要がある。電気工学に詳しく、さまざまな種類の機材が扱える人は向いているといえるだろう。

舞台機構調整技能士を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:電気工学、電子工学、音楽など
  • 国家資格:舞台機構調整技能検定試験
  • 採用試験 就職先:音楽プロモーション会社、音響専門会社、イベント制作会社など
  • 舞台機構調整技能士
  • Point1

    国家資格の舞台機構調整技能士2・3級は大学・短大・専門学校を卒業していれば実務経験なしで受験できる。厚生労働省の資格認定校では在学中に受験可能。

  • Point2

    国家資格取得後は、音響エンジニアとしてイベント会社などで実務経験を積むと就職に有利になる場合がある。

舞台・イベント系のその他の仕事

舞台機構調整技能士
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける