舞台美術になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

舞台美術

音楽・イベント系の仕事
舞台美術

どんな
職種?
装置設計・デザイン・制作を担う舞台における空間プロデューサー

舞台における大道具から小道具までの美術部門全体を担うのが舞台美術の役割だ。小道具や背景幕などの細かい美術制作も担当し、舞台におけるあらゆる美術構成に関わる。とくに照明との関わりが強く、照明を通した場合に客席からどう見えるかイメージすることが重要。ミュージカル、演劇など、芸術分野では情感を大事にするため、印象的な美しい舞台が要求される。ほかにもミュージシャンのライブなど大掛かりな仕掛けがあるステージも舞台美術の腕の見せどころだ。

こんな人に
おすすめ!
デザイン力、造形技術が必須。あらゆる美術情報にアンテナを

舞台美術は芸術と認知されている分野なため、繊細なセンスや美に対する認知、感性の高さなどを持った人物が適正に近い。また、大勢のスタッフと一つのものをつくり出す仕事ゆえ、演出家や監督、他セクションスタッフと意思統一を図るコミュニケーション能力が必要。美術に対する好奇心が旺盛で、人と一緒に同じ目標に進む姿勢が問われる。

舞台美術

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

舞台美術を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、美術、デザイン、建築学・意匠など
  • 採用試験 就職先:舞台制作会社・プロダクションなど
  • 舞台美術
  • Point1

    学校によってはインテリアデザイン科などに舞台装飾専攻があり、ミニチュアの舞台装置の制作が経験できる場合もある。

  • Point2

    舞台美術の仕上げ段階では照明との関わりが重要になるので、照明の知識も学んでおくと仕事の幅も広がるだろう。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

舞台・イベント系のその他の仕事

舞台美術
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける