歌舞伎俳優になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「音楽・イベント」に戻る

歌舞伎俳優

音楽・イベント系の仕事
歌舞伎俳優

どんな
職種?
主役級の多くは世襲制伝統文化の担い手となる

日本の伝統芸能である歌舞伎を演じる仕事。本来は世襲制なので、めざすとなるとかなり狭き門だが、日本芸術文化振興会が手掛ける養成事業として、国立劇場に付属する伝統芸能伝承者養成所が2年おきに行う一般公募によって、門戸は開かれている(応募資格は中卒以上・23歳以下の男子が原則)。あるいは、歌舞伎役者に弟子入りを志願する方法もある。役者の家系ではないというスタートラインから、歌舞伎の基礎を学び、歌舞伎役者の元へ入門して頭角を現していくのは、相当な時間と稽古を重ねる必要があるだろう。

こんな人に
おすすめ!
華やかな舞台で輝くために、地道な努力を続けていくことができる人

華やかな芸能や演劇の世界に興味があることだけではなく、大舞台でも堂々とできる、物怖じしない正確の人に向いている。また、長い修行期間、真摯に稽古と向き合う継続力が求められる。長く続いてきた伝統芸能で重要無形文化財でもある歌舞伎を継承していくための覚悟も必要だろう。世襲制が主であり、縁者でない人は2年に一回の一般公募で選ばれる。

歌舞伎俳優を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、映像、美術、日本文学、歴史学など
  • 採用試験 就職先:興行会社など
  • 歌舞伎俳優
  • Point1

    伝統芸能継承のために設けられている後継者養成のための研修に応募する。研修の応募資格は、原則、23歳以下で中学を卒業した男子となっている。作文や簡易な実技試験と面接に合格すれば新人研修生となる。

  • Point2

    数年の養成研修課程を修了して就業する。それとは異なる方法として、歌舞伎役者の一門に入り修行し、舞台に立つ道もある。

舞台・イベント系のその他の仕事

歌舞伎俳優
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける