オプチカル技師になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

オプチカル技師

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
オプチカル技師

どんな
職種?
フィルム時代の「合成」職人現在は修復や復元に用いられる

オプチカル(光学的)な処理によって、フィルムで撮影した映像に合成加工をする仕事。代表的なものに、フェードイン(暗い画面から徐々に映像が現れる)、フェードアウト(画面が徐々に暗くなる)、オーバーラップ(複数の映像を重ねる)、ストップモーション(映像が静止する)などがある。タイトルやクレジットの表示も、映像に文字を重ねるオプチカル処理である。最近では、CGによって高度な合成ができるため、映像表現として使われることは少なくなったが、いまだ映画の撮影はフィルム撮影が主流だ。そうしたなかでの技術の需要のほか、古いフィルムの修復や復元の技法が重宝されることも多い。

こんな人に
おすすめ!
光学の基礎知識と、技術を習得して行く向学心が重要

光学の基礎知識が求められる。画像を合成、処理するために使用するオプチカルプリンターは構造が複雑で、微妙な調整をするには知識だけでなく経験も必要とされるため、就職後も向学心を持って技術を取得していく意欲も必要だ。

オプチカル技師を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:工芸学、化学、情報学など
  • 採用試験 就職先:映画制作会社、映像制作会社、映像プロダクション、フリーランスなど
  • オプチカル技師
  • Point1

    専用の画像処理ソフトを使いこなす必要があるため、コンピューター関連の知識も重要。映像や光学、情報処理を学んでおくと働く上で役に立つ。

  • Point2

    知識や技術を学んだあとは、映画制作会社や映像制作会社に入社して、オプチカルプリンターを使った画像の処理方法を習得するのが一般的だ。多くの仕事を経験してステップアップしていく仕事である。

映画・テレビ系のその他の仕事

オプチカル技師
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける