映画監督になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

映画監督

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
映画監督

どんな
職種?
映画製作のあらゆるプロセスで決定を積み重ねて作品をつくる

文字通り映画を監督する仕事。一つの作品が完成するまでには企画、脚本の執筆、出演者のキャスティング、ロケ地の選定、撮影、照明・録音、編集などの流れがある。制作スタッフの決定といった準備段階を経てから実際の撮影が順次進められ、さらに撮影した内容の編集やCG合成を行うなど、そのプロセスは膨大なものとなる。それらに関する決定を一つひとつ積み重ね、最終的に作品のイメージを形成していくのが映画監督である。制作に関わる人数が多いため、先見の目と判断力、リーダーシップが要求される職種だといえる。

こんな人に
おすすめ!
スタッフを映画の完成に導くためのリーダーシップが重要

映画制作の現場における最高責任者である監督には、映画の完成形をイメージしながら映画全体を見渡せる能力と、スタッフを映画の完成に導くためのリーダーシップを持つ人が向いている。カメラや美術など専門的なスキルを持ったスタッフを指揮するには、当然その分野での知識も必要とされ、映画制作全般に関わる知識を持っておくことが重要だ。

映画監督を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:映像、舞台・演劇・舞踊学、写真、音楽、美術など
  • 採用試験 就職先:映画制作会社、テレビ番組制作会社、映像制作会社など
  • 映画監督
  • Point1

    映画にまつわる各種の賞を受けると、仕事の依頼につながりやすく、映画監督として長く活躍できる場合もある。

  • Point2

    映画制作会社や映像制作会社、あるいは先輩監督の事務所に所属して、アシスタントや助監督として経験を積みデビューする道がある。また、自主製作の映画を映画祭などで認められて映画監督を仕事にするケースもある。

映画・テレビ系のその他の仕事

映画監督
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける