映画脚本家になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

映画脚本家

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
映画脚本家

どんな
職種?
新作映画の全シーンにおいて脚本を積み重ねていく作家

映画の脚本を創作する仕事。企画の段階から物語の世界観をしっかりとイメージし、新たな魅力を持つ作品のシナリオ原稿をまとめる職業。あらすじ、ストーリー、プロットと、順次シナリオの詳細を練り上げていく過程の中で、「シャレード」と呼ばれる間接的表現の使い方や伏線の張り方についても考慮し、原稿に落とし込む必要がある。また、実際の撮影予定期間や地域性、季節、環境に応じた撮影シーン別の設定も映画脚本家の役割となる。一つひとつのプロットを積み重ねていく映画作りの醍醐味が味わえる仕事の一つだ。

こんな人に
おすすめ!
幅広い知識と、さまざまな物事への好奇心と探求心が重要

映画だけにとどまらず、ゲームのストーリーや小説の構想を練るのが得意な人に適している。魅力的な脚本を書くために、ジャンルにこだわらない広範な知識と、さまざまな物事への好奇心と探求心を併せ持っていると作品に幅を出しやすくなるだろう。映画を通して社会問題を提起することもあるため、情報収集能力とそれを理解するための教養も求められる。

映画脚本家を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:文芸学、外国文学、歴史学など
  • 採用試験 就職先:フリーランス、出版社、映画会社など
  • 映画脚本家
  • Point1

    文章の構成はもちろん、リアリティーを出すための情報収集能力と調査能力が必須。ジャンルによっては世界史や外国語の知識も問われる。

  • Point2

    大学や専門学校を卒業後、映画会社に入社するか、フリーランスの脚本家として各映画会社に売り込み、専属の脚本家となる場合もある。

映画・テレビ系のその他の仕事

映画脚本家
目指せる学校を探してみよう!