助監督になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

助監督

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
助監督

どんな
職種?
映画の撮影現場でさまざまな調整を行う「縁の下の力持ち」

映画製作の数あるプロセスのなかで、主に「撮影」を行う期間、スムーズに進行するようにさまざまな段取りを整えるのが仕事。具体的には、日々変化する撮影状況を踏まえながら、関係各所と調整して撮影スケジュールを組む、実際の撮影の現場でエキストラの演技指導を行う、といったことが役割となる。キャリアとしては、助監督を経て映画監督になるケースが多い。しかし、仕事内容は「撮影現場の調整」が中心であるので、監督をめざすのであれば、企画や脚本づくりについて創作手法を学んでおくことが大切だ。

こんな人に
おすすめ!
映画監督の補佐役としてそれぞれの現場を管理運営する能力が求められる

映画監督を補佐する仕事ではあるが、1人の監督に複数の助監督が付く場合が多い。第1助監督はロケ現場や出演者の状況を把握し、撮影スケジュールを上手く組み立てる調整力がある人に向いている。第2助監督はエキストラを統率する管理能力、第3助監督はフィルムや撮影シーンをしっかり管理し編集をスムーズに進めるバランス力が求められる。

助監督を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:映像、舞台・演劇・舞踊学、コミュニケーション学など
  • 採用試験 就職先:映画制作会社、映像制作会社、CF制作会社など
  • 助監督
  • Point1

    映画関連の学科がある大学や専門学校で映像学や映画制作の基礎を学んだりするだけでなく、自主制作などの経験を積むと経験値が増える。

  • Point2

    映画や映像の制作会社で、監督についてサポートしたり、演出を学ぶ。第3助監督から始まり、経験を積み第1助監督に昇格することが多い。

映画・テレビ系のその他の仕事

助監督
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける