特撮監督(特殊撮影監督・SFXスーパーバイザー)になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

特撮監督(特殊撮影監督・SFXスーパーバイザー)

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
特撮監督(特殊撮影監督・SFXスーパーバイザー)

どんな
職種?
デジタルやCGをフル活用し「ありえない」映像を生み出す

いわゆるSF映画などで、通常ではありえない場面や状況を表現する「特撮」の責任者。特撮のプロセスとしては、ミニチュア撮影や特殊メイクなどによって「撮影段階」で特殊な効果を得るものと、「撮影後の段階」でデジタル合成やCGを駆使するものに分けることができ、前者をSFX(Special Effects)、後者をVFX(Visual Effects)と呼ぶ。デジタルの進化によって現在はVFXが主流だが、場合によってはSFXの方が効果が高いこともあり、両者の使い分けと組み合わせを判断することも特撮監督にとって欠かせない役割だ。

こんな人に
おすすめ!
特撮の技術に加え、全体の流れを把握し、スタッフに的確な指示ができるマネジメント力も重要

特殊メイクやミニチュア撮影といった特殊撮影(特撮)が必要なパート全般の撮影を担うため、監督の指示やストーリーを読み取る洞察力と、適切な映像を作り上げる技術力が求められる。特撮の技術はもちろん、コンテ作りから現場での撮影、編集合成までスムーズに行う段取りのよさも必要とされる。また、監督や出演者など、スタッフと交渉する場面も多いためコミュニケーション能力が長けていると望ましい。

特撮監督(特殊撮影監督・SFXスーパーバイザー)を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、美術、映像など
  • 採用試験 就職先:映像制作会社、映画制作会社、CF制作会社、フリーランスなど
  • 特撮監督(特殊撮影監督・SFXスーパーバイザー)
  • Point1

    特殊効果の世界で細分化・専門化が進み、その結果、それぞれの分野に責任者が生まれ、かつての特撮監督の役割を担う人をSFXスーパーバイザーと呼ぶ。

  • Point2

    映像系の学科がある大学や、特殊効果が学べる専門学校に進むと就職の際に有利。中にはハリウッドで特殊効果を学び、日本で活躍している人もいる。

映画・テレビ系のその他の仕事

特撮監督(特殊撮影監督・SFXスーパーバイザー)
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける