ラジオディレクターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

ラジオディレクター

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
ラジオディレクター

どんな
職種?
企画から本番の指示出しまでラジオ番組の現場監督

ラジオ番組を演出し、現場をまとめる仕事。担当番組でどんなコーナーをつくるか、ゲストに誰を呼ぶかなど、番組の構成やアイデアを作家とともに練って内容を決定する。少人数体制のため、取材やリサーチ、台本の作成、情報の裏付けまでを行う場合がある。さらに、番組内で流す音楽の選曲、進行表作成、CMチェック、スケジュール管理など、その役割は広範囲に及ぶ。放送スタジオでは、現場監督として時間の経過を見ながら出演者にさまざまな指示を送り、番組を的確にコントロールしていく仕事だ。

こんな人に
おすすめ!
スタッフを引っ張るリーダーシップと、彼らの意見を聞く柔軟性が重要

ラジオ番組は生放送が多く、突然のアクシデントも起こりうるため、どんな状況に置かれても冷静に対応できる、的確な判断力が求められる。番組をよりいい方向へ導くには、自分の意見をしっかり述べることも重要であるが、スタッフの意見に耳を傾ける柔軟性も必要とされる。出演者やスタッフなど多くの人と関わり、番組をスムーズに進行させるためには、コミュニケーション能力と調整力に長けていることが望ましい。

ラジオディレクターを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:マスコミ学、メディア学、コミュニケーション学など
  • 採用試験 就職先:ラジオ局、放送局、番組制作会社など
  • ラジオディレクター
  • Point1

    大手ラジオ局へ就職するには、大学や専門学校へ進学してから新卒採用を目指すのが一般的なコース。放送関連の学科がある大学や専門学校で、機器の操作や業界の基礎知識を学ぶと就職の際、有利に働くこともある。

  • Point2

    大学や専門学校を卒業し、ラジオ局や番組制作会社に入社。アシスタントディレクターとして現場経験を積み、ディレクターへの昇格を目指す。

映画・テレビ系のその他の仕事

ラジオディレクター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける