音響効果に関する職業になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

音響効果に関する職業

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
音響効果に関する職業

どんな
職種?
映画やテレビの映像に「効果音」で表情を付ける

映画やテレビなどの制作において、映像を編集する段階で「効果音」や「BGM」を加える仕事。映画やテレビドラマであれば、たとえば「ハイヒールで廊下を歩く音」や「人が階段から転げ落ちる音」など、演出上で必要となる音を俳優の演技とは別に収録し、編集段階で付け加える。また、バラエティー番組などであれば、場面に応じて楽しげな曲を流したり、何か重大な内容を発表するときの「ジャーン」といった効果音を付けたりもする。働き方としては、番組制作会社や音響効果専門の制作会社に就職先を得るのが通常である。

こんな人に
おすすめ!
普段からあらゆる音に敏感で、映像に音を当てはめるための想像力がある

効果音やBGMは、映画やテレビ番組のクオリティを左右することもあるため、音響効果に関する知識やセンスが求められる。普段からあらゆる音に敏感で、想像力のある人に向いている。現実にない音をシンセサイザーで新しく作り出すこともあるので、楽器や関連機器のスキルがあることも大切な要素だ。

音響効果に関する職業を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:情報学、通信工学、音響工学、音楽など
  • 採用試験 就職先:音楽レコーディング会社、テレビ局、ビデオ撮影・音響効果会社など
  • 音響効果に関する職業
  • Point1

    音響効果だけの資格ではないが、ビデオ編集技術者・録音技術者(MA)に共通する民間資格「映像音響処理技術者資格」を取得することで、映像音響処理技術の基礎知識を習得できる。

  • Point2

    音響系の大学や専門学校で知識と技術に関する基礎を学んだあと、番組制作会社や音響効果の専門会社に就職するのが一般的な働き方。同じ分野の仕事である音響スタッフから転身する人も少なくない。

映画・テレビ系のその他の仕事

音響効果に関する職業
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける