テレビプロデューサーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

テレビプロデューサー

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
テレビプロデューサー

どんな
職種?
テレビ番組の総責任者として制作から営業までの一切を管理

自分が担当するテレビ番組の総責任者として、番組制作を管理。仕事の範囲は広く、企画立案や制作スタッフの決定、出演者の交渉、予算の管理、スポンサーへの営業など、番組づくりだけでなく側面支援的な仕事も担当する。大部分のテレビ番組は、テレビ局と番組制作会社が協同で制作しており、プロデューサーも双方に存在している。いずれの立場であっても、番組制作の現場で下積みから経験を重ねながら、徐々に成長して大きな役割を任されるようになるケースがほとんど。番組制作の全般を取り仕切れる充実感が得られる。

こんな人に
おすすめ!
スタッフをまとめる統率力、的確なコスト管理などリーダー的素質を兼ね備えている

テレビ番組を制作するにあたって、出演者やスタッフを指揮し、人々をまとめられる統率力が必要とされる。また、限られた番組制作費のなかでいかにして視聴者にとって魅力ある番組を作るか、資金面での調整力が求められる。放送作家やディレクターを選び、彼らが考えた企画やアイデアが視聴者に受け入れられるか判断することもあり、的確な判断力が必要とされる局面もある。

テレビプロデューサー

テレビプロデューサーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:映像、舞台・演劇・舞踊学、経済学など
  • 採用試験 就職先:テレビ局、番組制作会社、制作会社など
  • テレビプロデューサー
  • Point1

    放送系の学科がある大学や専門学校で、番組制作に必要な基礎知識を学んでおくと就職の際にアピールポイントとなる。忙しくても好奇心を失わない心がけも重要になってくる。

  • Point2

    多くの場合、アシスタントディレクターやアシスタントプロデューサーとして実務経験を積み、フロアディレクターやプログラムディレクターを経てプロデューサーとなる。

映画・テレビ系のその他の仕事

テレビプロデューサー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける