ラジオ・テレビ放送技術者になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

ラジオ・テレビ放送技術者

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
ラジオ・テレビ放送技術者

どんな
職種?
連係プレーで番組を届けるハイレベルな技術者集団

テレビやラジオ放送で技術的な分野に関わる専門家で、放送エンジニアとも呼ばれる。番組制作スタッフとしては、カメラマン、音響、照明、システム系統をつくり上げるビデオエンジニア、時間管理をするタイムキーパー、映像を切り替えるスイッチャーなど職種は多彩だ。さらに、放送電波を発信するために送信機やアンテナを操作・調整する業務や、放送スケジュールに基づいて行われる番組の送出業務。また、受信、研究・開発などの業務もある。こうした職種を選ぶ場合、各スタッフとの相互連携が何よりも大切だ。

こんな人に
おすすめ!
放送機器の取り扱い経験だけでなく、通信工学や電子工学、情報処理の知識も重要

ラジオやテレビの放送を技術的な側面から支える技術者たちは、アンテナや放送機器の保守・点検も仕事に含まれるため、機器の操作・知識が必要とされる。24時間体制で電波の調整などを行う職種もあり、通信工学や電子工学の知識があると、放送技術の開発・研究の担当を任されることもある。近年は、インターネットとの融合も進んでいるため、情報処理の知識もあると望ましい。

ラジオ・テレビ放送技術者を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:画像・音響工学、電子工学、通信工学など
  • 採用試験 就職先:ラジオ局、テレビ局、映像制作会社など
  • ラジオ・テレビ放送技術者
  • Point1

    放送技術に関する資格として、日本CATV(有線テレビジョン放送)技術協会の「CATV技術者資格」がある。そのほか、工学系の知識や放送関連の学科で基礎知識を習得しておくと、現場で生かすチャンスがある。

  • Point2

    大学や専門学校で関連する知識を学んだあと、番組制作会社やテレビ局に就職するのが一般的な流れ。入社後、各職種別に行われる研修や、現場での実践を通して技術を学んでいく。

映画・テレビ系のその他の仕事

ラジオ・テレビ放送技術者
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける