音響スタッフになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

音響スタッフ

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
音響スタッフ

どんな
職種?
テレビ番組の「音声」を担当収録だけでなく編集も行う

テレビ番組の制作で、音声を担当する仕事。スタジオ収録で使うピンマイク(出演者の胸元に付けるもの)や、ロケ収録で使うガンマイク(長い持ち手が付いているもの)など、状況に即したマイクを使用して音声を録音する。ただし、マイクの種類によって音量や音質は異なり、さらに出演者によって声の大きさも異なるため、収録した音声をそのまま番組に使うことはできない。そこで、編集作業においてBGMや効果音などとのバランスを確認しつつ、各音声の調整を行うことも重要な仕事。裏方だが専門性が高い仕事といえる。

こんな人に
おすすめ!
注意力と集中力を持ち、チームワークを重視した動きが重要

いい音を録るマイクの位置を探すだけでなく、カメラや演出の妨げにならないように、カメラマンやディレクターと意見を交換しながら仕事を進める必要がある。そのため、周囲の動きに合わせて瞬時に自分の行動を判断できる、チームワークを重視した動きが重要視される。また、テレビ制作の現場で出演者のセリフを録音する仕事は、失敗が許されない局面が多く、細心の注意と万全の準備で臨める注意力と集中力も求められる。

音響スタッフを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:美術、音楽、教養学、総合科学など
  • 採用試験 就職先:イベント制作会社、音響専門会社、電気設備工事会社など
  • 音響スタッフ
  • Point1

    音響に関する知識が学べる大学や専門学校に進学すると、専門知識と技術および業界情報を習得しやすい。また、業界とつながりも深いため就職のサポートを得られる場合もある。

  • Point2

    番組制作会社や音響スタッフが所属するプロダクションなどに採用されて、アシスタントとして働き始めるのが一般的。中途採用を実施したり、アルバイトから正社員へ登用したりする会社もある。

映画・テレビ系のその他の仕事

音響スタッフ
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける