放送作家になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

放送作家

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
放送作家

どんな
職種?
テレビやラジオの企画を考えて台本を書き上げる実力勝負の仕事

テレビ番組やラジオ番組の企画を考え、台本を書くのが仕事。構成作家とも呼ばれ、番組の大きな流れを組み立てる仕事も含まれる。仕事の流れとしては、プロデューサーやディレクターと一緒に参加する企画会議で企画案を出し、自分のアイデアが通れば、そのまま台本を担当することになる。複数の放送作家で一つの番組を制作するのが一般的であるため、常に競争環境にさらされる厳しい世界でもある。しかし、売れっ子になればフリーの道も開ける。まずは放送作家の事務所や、番組制作会社に所属してスタートしよう。

こんな人に
おすすめ!
斬新な企画やアイデアを生み出す発想力と、関係者と歩調を合わせる柔軟性が重要

番組を盛り上げ視聴者をひきつける企画やアイデアを生み出し、斬新さに富んだ発想力が重要な資質とされる。その一方で、出演者の持ち味を番組で効果的に生かせるように情報収集力や観察眼も必要だといえる。ディレクターやプロデューサー、出演タレントなど、番組を作る関係者と歩調を合わせる柔軟性も求められる。

放送作家を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:教養学、語学(日本語)、マスコミ学など
  • 採用試験 就職先:放送作家の事務所、番組制作会社、フリーランスなど
  • 放送作家
  • Point1

    経験や人脈が依頼量につながる傾向が高く、地道な人脈づくりと継続的な企画づくりによって自己アピールを忘れないことが重要とされている。

  • Point2

    放送作家の養成講座や、放送系の大学・専門学校で学んだ後、番組制作会社や番組に使う資料を集めるリサーチ会社に就職する道がある。一方、お笑い芸人から転身する人や番組の投稿コーナーで目についてスカウトされた例もある。

映画・テレビ系のその他の仕事

放送作家
目指せる学校を探してみよう!