特殊撮影に関する職業になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

特殊撮影に関する職業

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
特殊撮影に関する職業

どんな
職種?
物語と映像の世界に引き込むため非現実にリアリティーを与える

怪獣映画やSF映画、戦隊ものなどの特殊撮影(SFX)に関わる仕事は細分化している。全体をまとめる特撮監督のほか、技術的な管理をする特技監督、シナリオを書く脚本家、合成前提の撮影をする特撮カメラマン、ミニチュア舞台をつくる美術家、特殊な視覚効果のためのCG(コンピュータグラフィック)やデジタル画像処理をするVFXディレクターなどがある。特殊撮影は虚構の世界ではない。視聴者を物語に引き込むためのリアリティーを作品に醸し出すために科学と技術を融合。現実では不可能なシーンも描き出せる職業だ。

こんな人に
おすすめ!
映像で人を楽しませるエンターテインメント力と画像処理をする技術・センスが必要

現実では撮影が難しい特殊な映像で人々を楽しませたり、最新の技術を駆使した美しい作品を仕上げたい人におすすめだ。特殊撮影やミニチュアの制作、CG(コンピューターグラフィック)、デジタル画像処理など、特撮に関係するそれぞれの分野で経験を積んで技術を身につける必要がある。カメラ、模型、情報処理など学ぶ技術はそれぞれ違うため、審美眼や色彩センス、手先の器用さ、論理的思考などが求められる。

特殊撮影に関する職業を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:メディア学、画像・音響工学、デザイン工学など
  • 採用試験 就職先:映画制作現場、映画制作会社、メディア会社、フリーランスなど
  • 特殊撮影に関する職業
  • Point1

    幅広い映像技術に関する知識と、最新のコンピューターを扱う仕事であるため、コンピューターの専門的な知識を習得しておきたい。

  • Point2

    専門学校や大学にて映像編集についてを学び、関連会社に就職をする場合が多い。経験を積んで独立する人もいる。また、それぞれの分野において有名な人のアシスタントとしてキャリアをスタートさせる道もある。

映画・テレビ系のその他の仕事

特殊撮影に関する職業
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける