キャスティングディレクター(映画)になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

キャスティングディレクター(映画)

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
キャスティングディレクター(映画)

どんな
職種?
映画に出演する俳優をキャスティングする仕事

映画の監督やプロデューサーから依頼を受けて、出演する俳優をキャスティングする仕事。最終的な決定を下すのは監督やプロデューサーだが、出演者の選択肢として作品のイメージに沿った俳優をリストアップする重要な役割を担っている。映画製作ではあらかじめ撮影スケジュールや予算が設定されているため、細かな条件について事前に俳優が所属するプロダクションや事務所と交渉を行っておく必要がある。したがって複雑な芸能界のビジネス慣習やルールを学んだ上で、豊かなコミュニケーション能力の発揮が求められる。

こんな人に
おすすめ!
監督やプロデューサーの意向をくみ取って、適材適所を実現できる

監督やプロデューサーの要求を的確に理解し、俳優の個性をつかんで役に当てはめるため、情報収集力に加え、想像力がある人に向いている。脚本の意図や監督の方向性を細かくくみ取る理解力があると好ましい。映画や演劇などの知識や、俳優が所属する事務所との交渉スキルなどもあると仕事をスムーズに進められる。

キャスティングディレクター(映画)を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、文芸学など
  • 採用試験 就職先:映画制作会社、映像プロダクション、芸能事務所など
  • キャスティングディレクター(映画)
  • Point1

    映画制作に関わるさまざまな知識を勉強しておくと、監督やプロデューサーとの意思疎通が円滑に行うことができる。

  • Point2

    日本ではまだ従事する人の数が少ない職種で、特に決まった道があるわけではないが、映画制作や劇団運営に関する仕事に就き、キャスティングの現場で経験を積むことで、人脈を広げて仕事の依頼を増やす方法が考えられる。

映画・テレビ系のその他の仕事

キャスティングディレクター(映画)
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける