国会職員が学べる関東・甲信越エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

公務員・政治・法律公務員国会職員

この条件で検索する

国会職員が学べる関東・甲信越エリアの学校検索結果

31

1-30件を表示

国会職員の仕事内容とは?

国会に属するさまざまな機関に所属し、衆議院と参議院で議事運営にかかわる仕事。また、国会に関係する各種の調査や国会議員のサポートなどを行う部門もある。国会職員法で定められた国会職員とは、次に挙げるとおり。まず、「衆議院・参議院の各事務局」の事務総長、参事、常任委員会専門員および常任委員会調査員。衆議院事務局の調査局長および調査局調査員。「衆議院・参議院の各法制局」の法制局長、参事。 「国立国会図書館」の館長、副館長、司書、専門調査員、調査員、参事。「裁判官弾劾裁判所事務局」と「裁判官訴追委員会事務局」の参事。そして「衆議院・参議院の各事務局」「衆議院・参議院の各法制局」「国立国会図書館」「裁判官弾劾裁判所事務局」「裁判官訴追委員会事務局」で働く職員である。国会は行政から独立して機能する必要があるため、これらの国会職員の身分は一般職の国家公務員とは区別され、特別職の国家公務員とされている。民主主義の象徴的存在である国会の事務に従事するためには、どの政党・主義にもかたよることなく、公正中立の立場で、誠実に職務を行うことが求められる。