明治大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

「次代を拓き、世界へ発信する大学」として、グローバル社会で活躍する強い「個」をもった人材を育成

明治大学(東京都千代田区)は1881年(明治14年)に明治法律学校として創立されました。創立以来、「権利自由」「独立自治」を基本理念として、これまでに57万人を超える卒業生を輩出し、日本の発展に大きく貢献してきました。政治・経済・文化・スポーツなど各界の幅広い分野で活躍する卒業生も数多く、社会的にも高く評価されています。
現在、明治大学は、法学部・商学部・政治経済学部・文学部・理工学部・農学部・経営学部・情報コミュニケーション学部・国際日本学部・総合数理学部の10学部、学生数約3万人を擁する日本を代表する総合大学として、その地位を確固たるものにしています。
明治大学は、2021年に創立140周年を迎える歴史と伝統のもと、時代を見据え社会からの要請に応えるとともに世界的な教育・研究拠点を目指し、これからも発展していきます。

明治大学 PRイメージ1
明治大学 PRイメージ2
明治大学 PRイメージ3

トピックス

2021.04.05

明治大学入学センター 公式LINEアカウントを公開しました。

明治大学入学センター 公式LINEアカウントを公開しました。
主にオープンキャンパスや大学説明会、入試相談会などのイベント情報についてお知らせします。
また、LINEでしかできない特別なイベントも予定していますので、ぜひ友だちになってください!

【LINE 友だち登録はこちら】
https://liny.link/r/1655599613-bn8Y7Zdm?lp=HfyJPe

【公式LINEアカウントの歩き方はこちら】
https://www.meiji.ac.jp/exam/reference/official_line.html

なお、個別のご質問には対応していません。お問い合わせは、公式ホームページからお願いします。

明治大学 明治大学入学センター 公式LINEアカウントを公開しました。

2021.03.01

2022年4月和泉キャンパスに新校舎「和泉新教育棟(仮称)」が誕生します!

明治大学は、現在、国際日本学部を除く文系の1~2年生が通う和泉キャンパスに新教育棟を建設中です。このたび解体する第二校舎は、本学理工学部建築学科の創始者でもある建築家・堀口捨己氏の設計によるものであり、新教育棟建設では、堀口捨己イズムの継承に向けて、日本建築家協会賞はじめ各著名賞を受賞している新進気鋭の建築家・中村拓志氏(1999年本学理工学研究科博士前期課程修了)が設計協力者として参画しております。

建設概要
延床面積 12,239.07㎡
建築階数 8階
収容施設 教室、ラーニング・コモンズ、講師控室、共用施設等
竣工時期 2022年3月(予定)
付随工事 第二校舎・第三校舎・第四校舎の解体、解体跡地整備

学生の学修や居住環境を考慮し、アクティブラーニングスペースや学生の憩いの場となる「グループボックス」(少人数学習ユニット)などの新しい教育空間を積極的に取り入れ、学生の主体的な学びが生まれる工夫がなされております。

※パース図はイメージであり、今後変更となる場合があります。

明治大学 2022年4月和泉キャンパスに新校舎「和泉新教育棟(仮称)」が誕生します!

2021.03.01

留学生と共に生活し、学ぶ「明治大学グローバル・ヴィレッジ(国際混住寮)」をオープン

留学生と日本人学生が共に生活しながら国際コミュニティを形成していく「学びの場」として、2019年春、和泉キャンパスに国際混住寮をオープンしました。教室だけでなく様々な環境において学生の主体的な学びを育むことを目的としています。寮内はユニットタイプの居室に加え、リビングやプレイルーム等、充実した共用スペースが配置されています。

明治大学 留学生と共に生活し、学ぶ「明治大学グローバル・ヴィレッジ(国際混住寮)」をオープン

2021.03.01

明治大学での学生生活が分かるサイト「MEIJI NOW」!

明治大学での学生生活が分かるサイト「MEIJI NOW」では、明治大学ならではのスポーツ・文化・研究活動など、多様なジャンルの取り組みを発信しています。コンテンツは「学部のコト」「留学のコト」「就職活動のコト」「先輩のコト」「課外活動のコト」「明大ニュース」などで、各学部の取り組みや学生の課外活動、各業界で活躍する卒業生などを紹介します。

MEIJI NOW
https://meijinow.jp/

明治大学 明治大学での学生生活が分かるサイト「MEIJI NOW」!

2021.03.01

入学センター公式Twitter運営中!

入試や各種イベントを中心に明治大学に関するさまざまなことを不定期につぶやいています。特にイベント情報に関してはどこよりも早く更新されますので、お気軽にフォローしてください。

Twitter:
https://twitter.com/meijiexam

明治大学 入学センター公式Twitter運営中!

募集内容・学費(2021年04月実績)

明治大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

法学部

法律学科

コース名 ・ビジネスローコース
・国際関係法コース
・法と情報コース
・公共法務コース
・法曹コース
概要 法学部では、複雑化する現代社会の問題を解決するため、5つのコース制のもと、確かな法学の知識と豊かな教養を育む教育を行います。法科大学院へ進学を希望する学生はもちろん、将来の進路を具体的にイメージしながら、多様な選択をサポートするカリキュラムとなっています。また国際的なプログラムも充実しており、英国のケンブリッジ大学コーパス・クリスティ・カレッジでの夏期法学研修をはじめ、提携校への留学制度を設けています。人間性と国際性にあふれた「リーガル・マインド」を養成し、各界の第一線で活躍する人材の育成に努めています。
定員 920名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,308,300円
(21年04月実績)

商学部

商学科

コース名 ・アプライド・エコノミクスコース
・マーケティングコース
・ファイナンス&インシュアランスコース
・グローバル・ビジネスコース
・マネジメントコース
・アカウンティングコース
・クリエイティブ・ビジネスコース
概要 商学部では、商取引だけでなく経済、経営、流通、そして金融を含んだビジネスの世界をさまざまな角度から総合的に研究します。入学時にテーマを絞るのではなく、1・2年次は基礎・教養科目を学び、3年次より7つの専門コースに分かれる自由度の高いカリキュラムを通じて、ビジネスのプロフェッショナルを育成しています。
また、伝統的にゼミナール教育(演習)を重視している商学部では、「ダブル・コア」制度を設けています。商学の専門知識を学ぶ「商学専門演習」と、深い教養を学ぶ「総合学際演習」の二つのゼミナールを同時に履修することで、物事に対する多角的な視点を得ることが可能です。
定員 1,150名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,306,000円
(21年04月実績)

政治経済学部

政治学科

概要 政治学科では、社会の基本的枠組を決定する政治プロセスと、それを支える社会のさまざまな状況を把握・分析する能力を育成し、幅広い視野と専門性を兼ね備えた人材の育成に取り組んでいます。また、グローバル化が進展する現代社会に対応するため、外国語能力および国際感覚を磨き、グローバルな視野をもって政治や社会を分析できる力を身につけます。
定員 290名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

経済学科

概要 経済学は、資源を活用し、製品やサービスをつくり出して、得られた富を公平に分配することを考える学問です。経済学科では、さまざまな側面から経済学にアプローチします。理論部門では、ミクロな需要と供給による価格決定メカニズム、マクロな生産・消費などの経済循環、また、実証のための統計的手法などを学びます。 歴史・思想部門では、著名な経済学者の学説やその思 想、日本や世界の経済の歴史を学びます。これらの知見をもとに、政策部門では、実際の経済社会ではどうすればよいのかを、経済・財政政策から社会保障・労働政策まで幅広く学びます。
定員 695名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

地域行政学科

概要 地域行政学科が対象とする「地域」とは、わたしたちが生活する圏域を指します。大小さまざまな地域はグローバル化や高齢化、環境問題などの進行とともにそれぞれが取り組む課題が増えています。地域行政学科では、地域を行政・地域コミュニティ・産業社会の3つのカテゴリーに分け、それぞれの関連性を理解しながら、深く体系的に学ぶことで、問題を理論と実務の両面から研究・分析し、より良い地域運営を「実践」できるプロフェッショナルの養成を目指しています。
定員 165名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

文学部

文学科

専攻名 ・日本文学専攻
・英米文学専攻
・ドイツ文学専攻
・フランス文学専攻
・演劇学専攻
・文芸メディア専攻
概要 【日本文学専攻】日本の言葉によって表現された文学や日本語、そして漢文学について、さまざまな角度から学びます。
【英米文学専攻】英米文学の歴史や、各時代の著名な作家作品、英語そのものの仕組みを研究する英語学について学びます。
【ドイツ文学専攻】文学や語学だけでなく、哲学、音楽、美術、歴史や現代事情まで幅広く学ぶことができます。
【フランス文学専攻】実用的な語学、文学や思想、美術や映画などのフランス文化全体、比較文化的視点からの研究などさまざまな学びが可能です。
【演劇学専攻】劇場、戯曲、舞台装置、衣装、演技など、多彩な演劇を歴史的・理論的に学びます。
【文芸メディア専攻】多様なメディアの修辞や文法を習得すると同時に、文章によって自己を実現していく「表現主体」を学びます。
定員 465名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

史学地理学科

専攻名 ・日本史学専攻
・アジア史専攻
・西洋史学専攻
・考古学専攻
・地理学専攻
概要 【日本史学専攻】ひとつの専攻で、古代・中世・近世・近代・現代と、どの時代のいかなる分野でも自由に研究テーマを設定できるのが大きな特長です。
【アジア史専攻】アジア世界に積極的にコミットし、歴史や文化を理解し、アジア諸国、人びとに信頼される人材を育成します。
【西洋史学専攻】基本的な歴史研究の方法論から始め、段階的にその国の言語を学び、文献を通して欧米諸国への理解を深めていきます。
【考古学専攻】過去の人びとが残したモノ(遺物・遺構など)を手掛かりに人類の歴史を解き明かしてゆきます。
【地理学専攻】自然環境のなりたちや、都市や農村における経済社会活動の特性、また宗教・言語・民族等の文化の地域性など人間と自然にかかわる幅広い領域を探求します。
定員 290名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

心理社会学科

専攻名 ・臨床心理学専攻
・現代社会学専攻
・哲学専攻
概要 【臨床心理学専攻】カウンセラー(臨床心理士・公認心理師)になることだけを目的とするのではなく、より深い意味で人の心のありようを理解し、人が精神的に成長し、変容するために必要なことを幅広く学びます。
【現代社会学専攻】現代社会について理論的に学ぶとともに、市民運動や社会運動など、社会の現場に出かけてゆき、人びとの話を聞き活動に参加することで社会のさまざまな現場でその知を活かしていく人を育てます。
【哲学専攻】実践を通じて、古代から蓄積されてきた先人たちの知恵を現実の問題に結び付け、さらに自分の思考を鍛えるべく西洋・東洋哲学だけでなく、心理学・社会学の成果を取り入れ多角的に扱うことを目指します。
定員 155名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

理工学部

電気電子生命学科

専攻名 ・電気電子工学専攻
・生命理工学専攻
概要 電気電子生命学科では電気電子工学の歴史ある学問領域をベースに、生命科学・バイオテクノロジーの学際領域を含め、多様化する現代社会のニーズにこたえる技術者・研究者を養成しています。
学びの興味に合わせて専門性を高める2専攻制を導入しており、電気電子工学専攻では、環境 ・エネルギー、新素材 ・ デバイス ・ナノテクノロジー、通信ネットワーク、情報制御システムの基礎・専門知識の習得を目指し、生命理工学専攻では、電気電子工学の4分野をベースに、生体医工学・脳神経科学・ナノバイオテクノロジー・創薬科学などの複合分野へ発展させる力を養成します。
定員 236名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

機械工学科

概要 機械工学の分野は極めて広く、たとえば工作機械、食品加工機などの産業機械、自動車、飛行機などの移動機械、ロボットなどの知能機械、身近なゲーム機、自動販売機などもすべて機械工学の分野です。省エネルギーや省資源の問題も機械工学の知識なくしては解決できません。
機械工学科では、多岐にわたる工学分野で活躍する人材育成のため、ものづくりを担える総合能力の養成を目指しており、JABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けています。
定員 138名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

機械情報工学科

概要 ものづくりの基盤となる機械工学分野に加えて、電気および情報技術についても幅広く学べる環境を整えた学科が機械情報工学科です。ロボットに加えて、最先端医用システム開発、鉄道の研究、エンジンの開発、設計システムの開発、そして製品寿命の推定方法など「ハード×ソフト」で、技術イノベーションを目指しており、JABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けています。
このような研究を通して、既成概念にとらわれない新しいアイデアを具現化し、未来を切り開くエンジニアを育成します。
定員 138名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

建築学科

概要 建築学は人々の生活と密接なかかわりをもつ学問であり、工学でありながら芸術の側面を持ちます。建築学を学ぶ者には建築特有の知識とともに、社会、経済、文化など幅広い知識が要求されます。さらに、創造力、企画力、表現力、実行力など、多様な能力が求められます。
建築学科では、計画・設計・意匠、構造・材料・施工および環境・設備の各分野に精通した専任教員を擁し、安全・安心で快適な居住空間・環境、そして街並みの創生に必要な幅広い知識と多様な能力を有する建築のプロフェッショナルの育成に努めています。
定員 173名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

応用化学科

概要 応用化学科では、「フラスコからコンピュータまで扱える科学者・研究者・技術者の育成」をテーマに、実験科目に重点をおいたカリキュラムを構成しています。特に実験器具を使用する従来の実験技術とコンピュータを利用するシミュレーション技術の確実な修得を教育目標に立てることで、化学にかかわる基礎から応用にわたる幅広い知識と独創的な考えをもつ人材の育成を目指しています。バイオマテリアルや太陽電池、高分子機能膜といった次世代の化学材料に関する、より高度な研究展開も特色のひとつです。
定員 127名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

情報科学科

概要 現在の情報科学は、主にコンピュータの基礎理論や応用法に関する研究を行っています。しかし、情報科学は本来、単にコンピュータを扱うだけではなく、人間の知的活動の解明までを含むさまざまな問題を扱う間口の広い学問です。情報科学科では主に情報に関する基礎理論やコンピュータのソフトウェア・ハードウェア、情報システムに加え、周辺分野の教育や研究を積極的に行っています。さらにカリキュラムでは、情報に関する基礎理論の学習と、コンピュータを活用した演習・実習に重点を置いたカリキュラムで、実践的な力をつけることを重視しています。
定員 127名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

数学科

概要 数学は諸科学の基礎であり、自然現象、社会現象や経済活動など人間の行動までも解き明かすことができます。21世紀の現代、数学の応用範囲は多方面に広がっています。コンピュータを駆使しての数値計算やCG作成なども、今では数学科における研究教育の重要な部分を占めるようになってきています。数理的な思考法を身につけることは、21世紀を生きぬく大きな武器となるでしょう。数学は、学ぶのに忍耐と時間が必要であり、使いこなすにも能力が必要ですが、大きな実用性と広い応用力をもっています。数学は身の回り、そして世界中のいたるところで必要とれています。
定員 63名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,786,000円
(21年04月実績)

物理学科

概要 物理学はすべての科学技術の基盤です。21世紀を支える科学技術、たとえば情報技術やバイオテクノロジーも物理学に基礎をおいています。また、物理学を学び、自然の法則を理解することは、人生を一層豊かにします。物理学科では、基礎科目の力をベースに、物理学研究の最先端を学べるカリキュラムを用意しており、豊富な演習・実験によって物理的なものの見方、考え方を徹底的に教育します。
定員 63名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

農学部

農学科

概要 農学科では、「食料」と「環境」の分野における社会への貢献を使命としています。穀物や果樹類の栽培から家畜類の飼養、また水や土地資源の有効利用や、農村・都市の環境保全についてなど、農学に関する基礎知識と最新技術を一体として学んだ上で、農学における問題点を発見し、それを解決する力を身につけます。系統的かつ幅広いカリキュラムと研究領域を設けており、新農業資源の開発や水・土地資源を生かした食料の安定生産など最新の科学技術を身につけ、地域や国際社会で活躍できる人材を養成しています。
定員 150名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

農芸化学科

概要 農芸化学科では、生活に密着した食品や環境分野の問題を、バイオテクノロジーと最新のサイエンスによって解決することを目指しています。微生物を用いた環境にやさしい技術の開発や、美味しくかつ健康に良い食品の研究、植物生産や土壌の研究、動植物や微生物が生産する有用物質の研究など、農芸化学のフィールドには幅広い研究テーマがあります。このような幅広い分野で社会に貢献できる人材を育てるため、農芸化学科では豊富な実験と2年間かけて行う卒業研究をカリキュラムの中心に据えています。バイオサイエンスの基礎知識と実験技術をもつ卒業生は、食品・医薬・化学などの分野で日々活躍しています。
定員 150名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

生命科学科

概要 生命科学科では、動植物や微生物の生命活動を分子レベルや遺伝子レベルから理解することを基盤に、人類が直面している環境や食料問題などの解決方法を追求していきます。基礎から専門分野までを体系的に学ぶことのできる授業と実験のカリキュラムを組み、3年次からは研究室に所属して最先端の設備と技術を駆使して卒業研究を行います。生命の謎に好奇心をもち、生物のもつ能力を人類のために役立てる挑戦に興味があるみなさんを歓迎します。
定員 150名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,806,000円
(21年04月実績)

食料環境政策学科

概要 食料環境政策学科では、21世紀に私たちが生きていくうえで、もっとも基礎的で重要な課題である食料と環境をめぐる諸問題について、経済学、社会学、政策学、経営学、会計学、開発学などの社会科学の側面から総合的に考究する学科です。生存基盤を担っている生物、生命、 自然資源の仕組みの解明と利用の開発は人類の持続可能性に欠かせませんが、人の行動がどうかかわるかは重要な視点です。そのため、様々な座学だけでなく、農場実習、ファームステイ実習やフィールドワーク実習など、現場を体験しながら学べる科目を数多く設置しており、応用力・実践力を養うことを重視しています。
定員 150名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,647,000円
(21年04月実績)

経営学部

経営学科

概要 今日の急激で大きな経営環境の変化は企業と社会に多くの変革を迫っています。経営学科では、近未来の変化を機敏に読み解き、それに適切に対応できる人材を養成することを目的としています。カリキュラムには、急速な経済のグローバル化に対応する国際経営戦略に関する科目や、働き甲斐や雇用問題といった身近な問題に対応するための人的資源のマネジメントに関する科目、そして知識情報化の発展に対応するための情報と技術のマネジメントに関する科目などを有機的に配置し、理論・歴史・実証といったさまざまな視点から実証していきます。時代の要請に応えた幅広いカリキュラムを通して、企業社会の未来を読み解いていきましょう。
定員 経営学科・会計学科・公共経営学科計745名(経営学部は学科所属が2年次からとなります)
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

会計学科

概要 「Accounting(会計)」は、その独自の仕組みを通じて、組織の経済活動をデータ化し、その分析によって組織の状況を解明し、その情報を組織の関係者に広く説明することを可能にするものです。そのため、会計を自在に操ることができる能力は、ビジネスに携わるあらゆる人々の助けとなります。会計学科では、組織内部の経営管理に役立つ会計から組織外部への財務報告に役立つ会計まで幅広く学ぶことができる体系的なカリキュラムによって、会計によるデータと情報の作成、理解、分析、活用に必要な能力を養います。また、公認会計士や税理士などの「会計のプロ」を目指す学生のために、高度職業会計人養成トラック「CAP(Course of Accounting Profession)」を設置し、必要な技能や資格の取得を支援しています。
定員 経営学科・会計学科・公共経営学科計745名(経営学部は学科所属が2年次からとなります)
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

公共経営学科

概要 公共経営学科は、幅広い公共組織のマネジメントを担う専門人材の輩出を目的に、2002年に日本で初めて誕生しました。卒業後の進路を、国や自治体等の行政組織、教育や医療等の非営利セクター、公益事業やプロスポーツ組織等のパブリック・ビジネスという3つに方向を定め、カリキュラムを設けています。1年次には経営総論や公共経営学で公共経営の基礎を学び、2年次以降は行政や非営利組織等の公共組織のマーケティング、経営戦略、財務に加え、公的施設・スポーツ組織の運営、国際NGO、CSR(企業の社会的責任)や医療・福祉のマネジメント等、幅広い内容を専門的に学びます。また、地域連携や産学連携、大学院との連携によるパブリック・マネジメント人材の育成に取り組んでいます。
定員 経営学科・会計学科・公共経営学科計745名(経営学部は学科所属が2年次からとなります)
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

情報コミュニケーション学部

情報コミュニケーション学科

概要 旧来のケータイを抑えたiPhoneやAndroidに代表されるスマートフォンの大ヒット。 TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)の 爆発的普及とTV離れ現象。そして 2016年から本格稼働し始めたマイナンバー。現代社会はネットワーク技術に支えられながら高度情報社会の段階に突入しました。一方、こうした社会の情報化がネット上でのさまざまな犯罪や情報セキュリティの問題を引き起こしたり、政治や経済のあり方に大きな変化をおよぼしたりしています。情報コミュニケーション学部はこうした情報社会の生きた現実と向き合い、問題を探るカリキュラムを用意しています。
定員 520名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,309,000円
(21年04月実績)

国際日本学部

国際日本学科

概要 国際日本学部は、「日本の魅力を世界的な視座から理解し、世界に向けて発信することができる力」、そして「世界の事情を日本の視座から理解し、日本への教訓を取り出して、日本に向けて発信することができる力」の育成です。つまり日本から世界へ、そして世界から日本へ、「日本と世界をつなぐ」力を育てることを使命としています。決まりきったカリキュラムの中で、あるひとつの分野の専門性を高めていくのではなく、自分だけの「日本と世界をつなぐ」力を想定し、日本のポップカルチャーや伝統文化、現代日本の社会システムや国際関係など、さまざまな専門分野から横断的かつ複合的に学びます。
定員 400名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,491,000円
(21年04月実績)

総合数理学部

現象数理学科

概要 動植物の美しい模様、心臓の拍動や薬の吸収、津波や地震、交通渋滞、経済不況や金融危機……自然や社会に見られるさまざまな現象を、数学を用いて解明するのが現象数理学です。現象数理学科では、単に現象を解明するだけでなく、数理モデルを多様な分野に応用できる力とセンスを備えた人材の育成を目指しています。カリキュラムを通して、現象の本質を数理問題として抽出する「モデリング」、得られたモデルの振る舞いをコンピュータ上で調べる「シミュレーション」、さらに発展させるための「数理解析」の力を身につけます。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金:1,776,600円
(21年04月実績)

先端メディアサイエンス学科

概要 「先端メディア」とは未来のコンピュータの姿です。先端メディアをどのようにつくれば私たちの社会は幸せになるか、それを考える学問が先端メディアサイエンスです。先端メディアサイエンス学科では、高度な情報技術に加え、社会や人間、文化など従来の理系分野の枠を越えた広い視野を身につけ、「発想力」と「技術力」を磨くことができるようカリキュラムを編成しています。学びの特長は、「検証すること(プロトタイピング)」をアプローチの手段としていること。思想を述べるだけではなく、実際につくって表現しながら考える方法論を学びます。実装と検証のサイクルが、私たちの社会を豊かにする技術革新をもたらします。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金: 1,806,000円
(21年04月実績)

ネットワークデザイン学科

概要 ネットワークデザイン学科は、環境エネルギー、情報通信、ビジネスをはじめ、現代社会のさまざまな分野に存在するネットワークを学びの対象としています。生活・経済を支える電力システムやWebサービス、大規模データの高速処理など、社会基盤となるシステムを新しく創造し、支えていける人材の養成を目指しています。多彩なカリキュラムを通して、電気、通信、制御といった「工学」と「情報(コンピュータ)技術」、コンピュータで柔軟に問題を解決するための「知能数理システム」をバランス良く学習し、それらを応用して問題を解決する力を身につけます。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金: 1,806,000円
(21年04月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2020年3月卒業生実績

  • アクセンチュア㈱
  • アサヒビール㈱
  • ㈱NTTドコモ
  • ㈱大林組
  • 鹿島建設㈱
  • キヤノン㈱
  • 京セラ㈱
  • ㈱キーエンス
  • 警視庁
  • 国家公務員一般職
  • ㈱セブン―イレブン・ジャパン
  • 第一生命保険㈱
  • ㈱大和証券グループ本社
  • TIS㈱
  • 東京海上日動火災保険㈱
  • 東京特別区
  • 東京都庁
  • トヨタ自動車㈱
  • 日清オイリオグループ㈱
  • 日本アイ・ビー・エム㈱
  • ㈱日本政策金融公庫
  • 日本電気㈱
  • 日本放送協会
  • ㈱野村総合研究所
  • パナソニック㈱
  • 東日本旅客鉄道㈱
  • ㈱日立製作所
  • ㈱みずほフィナンシャルグループ
  • 三菱電機㈱
  • 有限責任あずさ(監法)
  • 楽天㈱
  • …など

就職支援

高校の進路指導教諭が選ぶ「就職に力を入れている大学ランキング」で11年連続1位※など、進学情報誌等のメディアによる大学イメージ調査で、常に高く評価されている明治大学の就職キャリア支援。一人ひとりの「個」に合わせたキャリアデザインを4年間を通じて徹底的にサポートしています。「相談力」と「求人力」、歴史と伝統により蓄積された「情報力」を基に、年間1万7千件におよぶ進路・就職相談や、延べ800社以上の企業・団体が実施する学内企業セミナーなど各種支援講座を実施。また、全国で活躍する約57万人の校友(卒業生)や父母会とも連携を図り、支援体制を強化しています。さらに、マスコミ志望の学生向けには「基礎マスコミ研究室」があり、文章・時事・特別講座等を開催し、マスコミ業界へ導くなどのサポート体制も整っています。
※2020年大学通信調べ

各種制度

明治大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

早期卒業制度

法学部・商学部・理工学部(応用化学科)・経営学部・情報コミュニケーション学部・国際日本学部では、卒業時に必要な所定単位を優秀な成績で取得し、かつ本人が希望する場合は、就業年限を短縮し、学士を取得して卒業する制度を設けています。※学部ごとに条件、年数が異なります。

明治大学 早期卒業制度

1・2年次からのゼミ教育

学生数3万人を超す大学でありながら、1・2年次からのゼミによる少人数教育は明治大学の大きな特色のひとつです。10~20名程度の少人数での実施により、ゼミへの積極的参加を促し、コミュニケーション力や提案力を高めます。
ゼミを充実させ、自主性を育む。それが「個」を強くすることにつながります。

明治大学 1・2年次からのゼミ教育

全学共通総合講座

幅広い学問的視野や問題発見能力、判断力を培うため、学部を越えたカリキュラムとして「全学共通総合講座」を設定しています。各講座には、本学教員に加え、多彩な分野の第一線で活躍するゲスト講師を招き、現代社会で話題となっている事柄、最先端のニュースなど6つの分野にわたる、知的好奇心を刺激する最先端の学びを数多く開講しています。

明治大学 全学共通総合講座

資格取得支援

明治大学では、裁判官・弁護士・公認会計士などの難関資格試験の合格を目指す学生への学習支援・受験指導を行うための「国家試験指導センター」を設置し、毎年数多くの合格者を輩出しています。また、「法制研究所」では法科大学院や予備試験、司法試験合格へ向けてバックアップ。他にも、公認会計士を目指す学生のための「経理研究所」や、国家公務員総合職・一般職、地方上級、外務専門職試験の合格を目指す「行政研究所」、マスコミ業界を目指す「基礎マスコミ研究室」などを設置しています。

国際交流の推進

2009年に文部科学省から「国際化拠点整備事業(グローバル30)」13校の1校に選ばれて以降、5つの国際化GPに採択され、2014年には「スーパーグローバル大学創成支援」に採択されるなど、特に国際化の推進に注力してきました。
留学できる海外協定校数は世界44カ国・地域258大学・学部(2020年1月現在)。中でも、他大学に先駆けてカリフォルニア大学(UC)バークレー校とのサマーセッションと協定を結んでおり、UC4校(バークレー,ロサンゼルス,デービス,アーバイン校)のサマーセッション派遣数では,国公立も含め日本の大学の中でもトップクラスの実績を上げています。
年間355名(2009年度)に過ぎなかった留学経験者は2019年度には2,326名と6.6倍、留学生の受け入れも年間874名(2009年度)から10年間で2,320名に増加。充実したプログラムと国際交流の促進を通じて、異文化理解力や論理的思考力といった未来を切り開くために必要な力を備えた学生を育成しています。

多彩な奨学金制度でバックアップ

明治大学の奨学金は「経済支援型」、成績優秀者に対する「学業奨励型」、家計急変への支援を目的とした「家計急変対応型」の3種類を大きな柱として設け、大学全体で約80種類という多種多様な奨学金制度を展開しています。
2020年度には、入学前に採用が決定する新しい奨学金“明治大学給費奨学金「おゝ明治奨学金」(返還不要)”が誕生しました。当該奨学金は地域性及び経済状況を重視し、入学時に授業料年額の2分の1相当額を減免します。(入学後も毎年度、同額が給付されます。)
※奨学金の申請資格や給付額等については明治大学ホームページをご覧ください。

学びの分野/学校の特徴・特色

明治大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 農学・水産学・生物
  • 体育・健康・スポーツ
  • 芸術・表現・音楽
  • 総合・教養

明治大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 教育
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

明治大学の特徴

  • 地方入試
  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • ネット出願
  • 社会人選抜
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

明治大学の所在地

駿河台キャンパス

所在地

〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1-1

交通機関・最寄り駅

JR中央線・総武線、地下鉄丸ノ内線「御茶ノ水」駅下車、徒歩3分。
地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅下車、徒歩5分。
地下鉄三田線・新宿線・半蔵門線「神保町」駅下車、徒歩5分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

03-3296-4139

明治大学のお問い合わせ先

入試広報事務室

電話 03-3296-4139

  • 学校No.713
  •  
  • 更新日: 2021.04.05