DTPデザイナーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

DTPデザイナー

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
DTPデザイナー

どんな
職種?
パソコン上でDTPソフトを駆使し、読ませる紙面をデザイン

DTPデザイナーはさまざまな紙媒体の印刷物をデザインする仕事。ポスターや大きな広告物もあるが、パンフレット、雑誌、書物、説明書といった読み物のページをデザインする仕事も多い。主に「アドビイラストレーター」「アドビフォトショップ」といったソフトを使用し、印刷に使える版下データを完成させるまでが領域となる。大量に完成品を刷る前に、色校と呼ばれる確認用の印刷物をチェックするのもDTPデザイナーの職域。専属のDTPデザイナーを抱える印刷会社も多く、印刷業とは切っても切れない間柄の職種といえる。

こんな人に
おすすめ!
最新DTPソフトを使いこなす技術と紙面構成のノウハウ

「アドビ インデザイン」などのDTPソフトに習熟している必要がある。読者の目線の流れづくり、適切なタイトルや小見出しのレイアウト、画像とキャプション(説明文)の連動性といった、紙面構成のノウハウを身に付けていることも条件。文章や画像を紙面へと精密に組み立てる、正確さと根気のよさ、締め切りを守る意識も実務に欠かせない。

DTPデザイナー

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

この職種の収入は?

平均月収32.26万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)デザイナー 参照]

DTPデザイナーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:デザイン、美術など
  • 採用試験 就職先:出版社、編集プロダクション、印刷所、広告制作会社など
  • DTPデザイナー
  • Point1

    「DTPエキスパート認証試験」「DTP検定」の資格は、ある程度ソフトウェアの操作ができる証明になる。同時に「アドビイラストレーター」「アドビ フォトショップ」の検定資格も役立つ。

  • Point2

    DTPオペレーターとしてキャリアをスタートするのが一般的な道のり。ある程度ソフトの操作を覚えたら、実務をこなしながら多様なノウハウを身に付けていく。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

本・雑誌・新聞系のその他の仕事

DTPデザイナー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける