雑誌記者になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

雑誌記者

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
雑誌記者

どんな
職種?
雑誌などのテーマに沿って取材し、原稿を執筆する

雑誌に掲載する企画によって原稿を書く仕事。担当するページ・コーナーは編集者と二人三脚でつくり上げる。編集会議で企画の趣旨が決まったら、取材対象の人物やスポットをセレクトし、アポイントを取り付ける。カメラマンやイラストレーターを伴って取材を実施し、持ち帰って記事を作成。誌面には写真など文章以外の要素も盛り込まれるため、そのバランスを見て原稿を作成することになる。エンタテインメント、スポーツ、政治など得意分野を持って活動している人が多い。

こんな人に
おすすめ!
事実を深く掘り下げる好奇心と、調査するフットワークの軽さ

雑誌の記事には、旬の情報であることが求められる。流行に感度の高い人に向いているだろう。ほかの雑誌よりも興味深く読んでもらうためには、誰もが知っている範囲ではなく、さらに踏み込んだ情報を探ることが大切。事実を深く掘り下げる旺盛な好奇心と、調査に出かけるフットワークの軽さは必須となる。ある程度得意ジャンルを絞り、専門的な知識を身に付けると仕事の依頼が入りやすい。

雑誌記者

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

この職種の収入は?

平均月収53.41万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)記者 参照]

雑誌記者を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:社会学、文芸学、経済学など
  • 採用試験 就職先:出版社、マスコミ、編集プロダクションなど
  • 雑誌記者
  • Point1

    必須の資格はないが、基本的な文章作成や取材ノウハウを学びたいなら、専門学校や通信教育講座が設ける「ライター検定」を受講するのもおすすめ。

  • Point2

    出版社への就職は狭き門だが、多くの雑誌編集部では制作を外注している。出版社外部の編集プロダクションで働きつつ実務を習得し、独立する雑誌記者が多い。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

本・雑誌・新聞系のその他の仕事

雑誌記者
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける