ジャーナリストになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

ジャーナリスト

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
ジャーナリスト

どんな
職種?
取材してネタをスクープ報道を通して真実を伝える

新聞記者や雑誌編集者、放送記者、ニュースキャスターなど、読者・視聴者に記事やニュースを発信する。政治・経済、軍事、科学、スポーツ、映画など、あらゆるジャンルで得意分野を生かして取材・研究し、メディアを通じて独自の視点で発言をする仕事である。問題意識を持って事件の本質に迫り、自分の見解で物事を伝えるのが使命。重要なのは取材活動を通じて真実を発掘すること。視聴者や読者が知りたいネタを現場に赴いて取材し、スクープする。そのために不可欠な基礎知識を、日ごろから地道な努力で蓄積しておきたい。

こんな人に
おすすめ!
まだ見ぬ新しい発見や隠された真実を追究する姿勢が大事

未だ発表されていない隠された真実や世間で周知されていない発見を自らの活動で行い、発掘するため、さまざまな場所や環境へ赴くことができる行動力や発信力が重要である。また、状況に応じて第三者から情報を得るためさまざまな交渉や対応を行う必要性もあることから、コミュニケーション能力の高い人材が求められる。

ジャーナリストを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:社会学、コミュニケーション学、マスコミ学、文芸学、文芸学、言語学など
  • 採用試験 就職先:新聞社、テレビ局、広告会社、出版社、フリーランスなど
  • ジャーナリスト
  • Point1

    マスコミ学やジャーナリズム、報道などに対する総合的な学習だけでなく、他のジャンルの知識があると望ましい。取材を通じて得た情報を原稿に起こす文章力も必須。

  • Point2

    新聞社や雑誌社へ記者職として採用されるか、フリーとして活動し、原稿料を得る。収入をアップさせるには専門分野で知識を蓄えることが大切である。

本・雑誌・新聞系のその他の仕事

ジャーナリスト
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける