童話作家になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」に戻る

童話作家

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の仕事
童話作家

どんな
職種?
子どもだけでなく幅広い読者層にやさしい表現でストーリーを展開

子どもから大人まで楽しめる物語をつくる仕事。童話には、日常の生活を題材にした生活童話、異次元の空想世界を描くファンタジー、SF、ミステリー、さらに事実を基にした冒険童話や歴史童話などのジャンルがある。伝えたいテーマやアイデアに基づき、流れや構成、絵の配置・色付け、文章などの配分を考えていく。やさしい言葉で、想像力をふくらませる、豊かな表現を生み出すことが重要。多くの本を読み、日常でいろいろなことに興味を持ち、想像力を高めることも大切。よい作品は翻訳されて海外でも出版される。

こんな人に
おすすめ!
物事の本質を見抜く洞察力と、子どもにも伝わる言葉で執筆する表現力

人と同じものを見ても違った角度から物事を捉えられたり、物事の背後に潜む本質を見抜ける洞察力が重要とされる。物事を童話に仕上げていくには、わかりやすいストーリーを組み立てられる構成力に加え、子どもにも伝わる言葉で執筆する表現力、そしてそれに連なる日本語の感性や語彙の豊富さも必要とされる。

童話作家を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:日本文学、児童学、心理学など
  • 作品の選考、売り込み 就職先:事務所設立、フリーランスなど
  • 童話作家
  • Point1

    大学の文学部で児童文学について学んでおくと、童話を執筆する際に役立つだけでなく、童話の研究家として仕事の依頼を受けるチャンスにもつながり、将来の選択肢が広がる。

  • Point2

    公募やコンクールなどに積極的に応募し、受賞をするのが童話作家デビューへの近道である。デビュー後は書店や出版社との人脈を大切にし、継続的に仕事を依頼される関係を保つのもポイントの一つだ。

本・雑誌・新聞系のその他の仕事

童話作家
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける