和紙職人になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「デザイン・芸術・写真」に戻る

和紙職人

デザイン・芸術・写真系の仕事
和紙職人

どんな
職種?
世界が注目する文化遺産手漉きの和紙をつくる仕事

2014年、ユネスコ無形文化遺産に登録され、世界から注目を集める和紙。和紙職人は、日本古来の技法にのっとって和紙づくりを行う。楮(こうぞ)、三椏(みつまた)などの植物を原料とし、一枚ずつ伝統的な手漉きの技法でつくり出している。優美さと強靭さを備えた紙質は吸湿性にも優れており、障子や襖、書家用紙、封筒やランプシェードなど、幅広い用途に用いられている。この仕事に就くには、島根の「石州和紙」、岐阜の「美濃和紙」、ほかに全国各地に分布している産地で活動する職人に弟子入りし、技術を学ぶのが一般的だ。

こんな人に
おすすめ!
一枚一枚丁寧に仕上げる几帳面さと自由な発想力

和紙作りに関する技術を身に付けることや、工程を理解する必要がある。一枚ずつ手すきで行う作業のため、作業においては一枚一枚丁寧に仕上げる几帳面さと、注意力や集中力も求められる。職人としての技術だけでなく、和紙を活用した商品開発なども行う場合があるため、研究熱心であることや自由な発想力も必要なスキルのひとつだ。

和紙職人を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:工芸学、美術、デザインなど
  • 採用試験 就職先:工房、自治体の後継者育成事業
  • 和紙職人
  • Point1

    特別な免許や資格は必要なく、和紙職人のもとで修行をするのが一般的である。

  • Point2

    岐阜の美濃和紙や島根県の石州和紙が有名だ。それぞれの特徴を知っておくといいだろう。

装飾系デザイン系のその他の仕事

和紙職人
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける