学芸員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「デザイン・芸術・写真」に戻る

学芸員

デザイン・芸術・写真系の仕事
学芸員

どんな
職種?
国家資格と専門知識を持ち、文化施設の展示や運営に携わる

博物館の展示資料を集め、管理をすることが主な仕事。学芸員とは博物館法によって定められた専門職で、国家資格の名称でもある。民芸博物館や歴史博物館のほかに、美術館や水族館、動物園といった文化施設全般が仕事のフィールドとなる。展示資料の収集・管理のほかに、展示の企画、施設の広報、来場者の案内と、業務は多岐にわたり、地方講演や海外での資料収集に出かけることも珍しくない。さらには、経験を重ねると講演会や大学の講義に講師として招かれることもある。

こんな人に
おすすめ!
幅広い業務に対応できる専門知識を持ったアイデアマン

資料の収集・管理から広報、接客、出張と幅広い業務をこなしていくには、柔軟性とフットワークの軽さ、体力が必要だ。また、施設の展示を充実させ新しい企画を取り入れていくには、専門知識に加え豊富なアイデアも求められる。加えて、好奇心旺盛で研究熱心であることも重要視される。さらには海外での仕事に対応するための語学力も身に付けておくとよいだろう。

学芸員

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

学芸員を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大 必要な学び:歴史学、考古学など
  • 国家資格:学芸員
  • 採用試験 就職先:博物館、美術館、動物園、水族館、植物園など
  • 学芸員
  • Point1

    「学芸員」の資格取得は、大学で所定の科目を修了する方法と「認定試験」に合格する方法がある。

  • Point2

    大学の講師や博物館の臨時職員などの経験を経て、学芸員の仕事に就くケースもある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

アート・写真系のその他の仕事

学芸員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける