アパレルメーカーで働く人が学べる九州・沖縄エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

ファッションファッションビジネスアパレルメーカーで働く人

この条件で検索する

アパレルメーカーで働く人が学べる九州・沖縄エリアの学校検索結果

17

1-17件を表示

アパレルメーカーで働く人の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 アパレルメーカーには、洋服やアクセサリー、靴や帽子、素材となるテキスタイルをつくり出す「デザイン・制作部門」、デザイナーと連携をとりながら商品を売るための戦略をたてる「企画・管理部門」、でき上がった商品を消費者に販売する「販売部門」がある。それぞれの仕事内容は以下の通り。 ●デザイン・制作部門 デザイナー 流行や消費動向、ブランドイメージなどをもとに、洋服やアクセサリー、テキスタイルなどをデザインする パタンナー デザイナーが描いたデザイン画を型紙(パターン)にする マーカー パタンナーが作ったマスターパターンをもとに、布地に型をいれる グレーダー 各サイズ別の型紙をつくる カッター 型紙にそって、布を裁断する ソーイングスタッフ 布を縫製して、立体的な作品を縫い上げる ヒューマンエンジニア スポーツウェア、下着などをデザインする場合、人間工学的な観点からの考慮を加える ●企画・管理部門 マーチャンダイザー 企画からデザイン、生産、販売まで全体を把握し、商品の品揃えをする ディストリビューター バイヤーやマーチャンダイザーが集めてきた商品を各店舗に配分する