エンジニアが学べる中国・四国エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙自動車・二輪自動車エンジニア

この条件で検索する

エンジニアが学べる中国・四国エリアの学校検索結果

12

1-12件を表示

エンジニアの仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 モノを作る技術者、技師。自動車のエンジンを例にとると、石油エネルギー燃焼の原理に基づいて、いろいろな材料を使い、いろいろな部品を組み合わせ、実験を繰り返して動力源になるエンジンを組み立てる。それだけではない。もし自動車が「エンジンで走る機械」のままでいたら、日本の自動車産業がここまで発展することはなかった。コストや安全性、快適性を求めてさまざまな技術が生み出され、改良されて現在の形になった。さらに、環境問題から、「ガソリン以外の動力で動く自動車」が求められ、最近は、電気や水素をエネルギー源にするエンジン開発の技術を生み出しているのもエンジニア。製造業による「モノづくり」で経済大国になった日本では、1960年代から80年代にかけて、エンジニアの存在は、経済を発達させ、社会を豊かにする原動力だった。機械、化学、金属など、あらゆる分野において、新しい技術から新しい製品がつくり出され、大量生産、大量供給の体制を作り上げてきた。しかし、近年、エンジニアをめぐる環境が変わってきた。大量生産の時代が変化し、市場や客の声を素早く製品に反映させる能力、企業や国という枠を超えて協力し合える能力、ITに関する能力などが必要とされる時代になった。