岡山科学技術専門学校の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

2017社からの求人がその証し。カギセンには社会で必要な「即戦力」になるための授業があります!

岡山駅から徒歩7分♪
通学に便利な場所にあるカギセンは、[映像音響・電気・食品科学・建築・土木・機械・自動車]と中四国地方でもめずらしい分野がそろった「工業系総合専門学校」。目指せる業界も多岐にわたり、県外出身の学生も多くいます。

専門的なことは初めてでも安心♪
どの学科も在校生の大半が初心者です。基礎からしっかり学べるカリキュラムで、安心して社会へ羽ばたけるよう皆さんをサポートします。また、少人数制できめ細かな指導が受けられるのも魅力のひとつ。支えあえる仲間、そして背中を押してくれる先生との出会いは、確かな技術と自信に繋がります。

「技術教育を通じての人間教育」の理念の下、一人ひとりが生き生きと学べる。そんな学校を目指しています。

岡山科学技術専門学校 PRイメージ1
岡山科学技術専門学校 PRイメージ2
岡山科学技術専門学校 PRイメージ3

トピックス

2020.03.01

勉強だけじゃない!記憶に残る学生生活

学園祭に体育祭、校内ボウリング大会など、思い出に残る行事が充実しています。勉強はもちろん、学校全体で行うイベントにも積極的に取り組むのがカギセンライフ!一般公開の学園祭は、普段の勉強の成果を発表する機会にもなっています。
また、各学科で校外研修旅行やコンテストに参加。映像音響学科の交響楽団演奏会への参加、測量環境工学科の現場見学、建築工学科の建築コンテスト出場をはじめ、それぞれの学科で楽しみながら学べる機会が充実しています。

岡山科学技術専門学校 勉強だけじゃない!記憶に残る学生生活

2020.03.01

『職業実践専門課程』文部科学大臣認定校

『職業実践専門課程』とは、社会のニーズにマッチした教育が行われていることを国が保証する制度です。認定されるには、実務に関する実践的かつ専門的な能力を身に付けるための教育・制度・環境が整っていることが求められます。

◆該当学科全てが認定されています!
専門学校の役割は就職に直結する実践的な力を養成することです。そこで大切なのは、なんとなく学ぶのではなく、将来就きたい職業の専門的な勉強が具体的にできるということ。本校は企業と密接に連携し、具体的な能力が身につくよう授業科目や教育課程を編成しています。
実践的な教育によって働く自分をイメージできるので、勉強のモチベーションアップにもつながります。

[認定学科]映像音響学科・電気工学科・食品生命科学科・建築工学科・測量環境工学科・ものづくり創造学科・二級自動車工学科(※建築工学研究科は1年制のため該当しません)

岡山科学技術専門学校 『職業実践専門課程』文部科学大臣認定校

募集内容・学費

岡山科学技術専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

映像音響学科

概要 ARやVRなど、新技術が次々と生まれている映像音響業界。
その中で、最高に楽しいエンターテイメントを作っていくために、幅広い実習と現場体験でスキルを磨きます。
技術だけでなく、国家資格も目指せます。好きなことに情熱を燃やせるタフさが就職への近道です。
ステージを作り上げる幅広い技術を身に付け、プロフェッショナルのセンスを養うことで、映像音響業界への就職をつかみ取ります。
目指せる職業 カメラマン、編集技術者、PAエンジニア、ライティングスタッフ、イベントスタッフ、ステージスタッフ、映像ディレクター など
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,300,000円
*教科書代、教材・教具費用、学生諸費用として19万円程度が別途必要。
備考

2020年4月 実績

電気工学科

概要 電気は、もはやそれなしでは暮らせないほど、私たちの生活に深く根付いています。
未来のクリーンエネルギーとしても利用が始まっており、そのための技術は今後ますます必要とされるでしょう。
本学科では、この電気について基礎から学ぶことで、電気技術の大切さや面白さを肌で感じ、探究心を深めます。
経済産業省から指定を受けているので、卒業時には国家資格である第二種電気工事士がもらえます。さらに上位の国家資格取得に向けて、試験前には特別講座を開講。資格取得を目指し、社会を支える電気技術者としての実践力を養成していきます。
目指せる職業 電気工事士、設備管理者、電気保守・メンテナンス、機械保全、サービスエンジニア、技術公務員 など
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,300,000円
*教科書代、教材・教具費用、学生諸費用として19万円程度が別途必要。
備考

2020年4月 実績

食品生命科学科

概要 本学科のカリキュラムは、食品・環境の2分野が中心。
バイオテクノロジーや化学の切り口からも広く分析技術を修得します。食中毒菌はいないか?食品偽装はないか?どんな機能性成分が含まれているのか?などについて、本校ならではの少人数制の実習で取り組みます。
グループごとに結果をまとめ発表する場合も数多く設けており、自ら説明することを通じて理解力を高めます。食品会社における衛生検査・品質管理・食品開発・製造の各業務、分析会社での環境測定業務のプロを目指します。
目指せる職業 食品衛生管理者、環境分析技術者、発酵関連、種苗関連、食品製造、食品開発、化学関連、品質管理 など
定員 25名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,300,000円
*教科書代、教材・教具費用、学生諸費用として13万円程度が別途必要。
備考

2020年4月 実績

建築工学科

概要 少子高齢社会の到来や働き方の変化など、取り巻く環境に合わせて空間づくりもより快適性が求められています。本学科では、まず住宅を中心とした課題から始めレベルアップを図ります。特に空間設計では、照明や家具のレイアウト、色彩計画の力量を高め、豊かな表現力を身に付けます。そして実習はもとよりショールームや住宅展示場での研修を取り入れた実践的な教育を行います。
目指せる職業 建築士(設計業務)、インテリア設計士、建築施工管理技士(現場監督)、インテリアコーディネーター、CADオペレーター、福祉住環境コーディネーター、家具デザイナー など
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,300,000円
*教科書代、教材・教具費用、学生諸費用として24万円程度が別途必要。
備考

2020年4月 実績

建築工学研究科

概要 本校建築工学科の卒業生だけでなく他大学・専門学校出身で、二級建築士の受験資格を有する方を対象とした1年制の学科です。本学科の圧倒的優位な受験対策カリキュラムにより、二級建築士とインテリアコーディネーター資格の在学取得を目指し、様々な空間デザインの提案ができる人材を育成します。また、内定先へのインターンシップを体験することで、生きた現場知識を早期に身に付け、建築業界へ自信をもって進みます。
目指せる職業 建築士(設計業務)、建築施工管理技士(現場監督)、CADオペレーター、福祉住環境コーディネーター、家具デザイナー など
定員 25名
対象 男女
年限 1年
学費 初年度納入金
1,140,000円
*教科書代、教材・教具費用、学生諸費用として12万円程度が別途必要。
備考

2020年4月 実績
※二級建築士試験の合格に至らなかった場合、合格支援制度により合格するまで二級建築士対策講座の無料受講が可能。

測量環境工学科

概要 本学科は中四国で唯一(※)、国土交通省国土地理院に登録された測量士補養成施設のため、卒業と同時に測量士補の資格取得を無試験で目指せます!また、卒業後2年間の実務経験を積むと、申請のみで測量士の資格を目指せます。
他にも、建設業界のあらゆる分野で活躍できる測量・土木技術者を目指して多くの資格試験にチャレンジ。
就職先として建設業界はもちろん、公務員(土木職)にも挑戦でき、広く選択肢を持つことができます。

※「平成31年4月1日現在 測量法第50条第3号の登録を受けた養成施設一覧(測量士補 養成施設)」より
目指せる職業 測量士、土木施工管理技士、管工事施工管理技士、造園施工管理技士、土地家屋調査士、建設関連設計士、地方公務員 など
定員 25名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,300,000円
*教科書代、教材・教具費用、学生諸費用として13万円程度が別途必要。
備考

2020年4月 実績

ものづくり創造学科

概要 興味と関心があれば誰でもゼロから取り組めるものづくり。いま、技術の変化に伴ってものづくりの現場も大きく変化しています。今後はモノとインターネットをつなぐIoTの技術がますます進むと予想されるため、金属加工、3D-CAD、電気情報に加え、プログラミング技術を取り入れたカリキュラムで幅広い技術を修得していきます。
「アイデアを形に」をスローガンに図面を読み、描き、創意工夫をしながら様々な形に加工していく工程は、ものづくりの醍醐味を感じられます。
目指せる職業 技術職、技能職、CADオペレーター、金属加工、機械メンテナンス など
定員 25名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,300,000円
*教科書代、教材・教具費用、学生諸費用として13万円程度が別途必要。
備考

2020年4月 実績

二級自動車工学科

概要 本学科では2年で二級自動車整備士の資格取得を目指せます。自動車や二輪自動車の構造や装置は、乗っている人の快適性はもちろん、安全性の確保を担い、ますます高度化しています。
特徴は、パーツごとの整備ではなく実習車を使用しての授業の豊富さ。原付から大型車、ハイブリッドカーまで扱うことで応用力を鍛え、あらゆる種類の自動車のトラブル対処ができる整備技術を習得していきます。
その成果として、2年に1度開催される「岡山県自動車整備技能競技大会」では、2017年に続き2019年も専門学校の部において優勝し2連覇を達成しました。
また、お客様により深い満足感を提供できる人材を目指し、自動車整備の専門知識に加えて、信頼される接客スキルも身に付けていきます。
目指せる職業 二級自動車整備士、自動車ディーラー、二輪整備士、自動車検査員、自動車用品販売員、コンサルタント、カーアドバイザー など
定員 50名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,300,000円
*教科書代、教材・教具費用、学生諸費用として15万円程度が別途必要。
備考

2020年4月 実績

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2019年3月卒業生実績

  • (独法)日本芸術文化振興会(国立劇場)
  • (株)RSKプロビジョン
  • 西日本電気システム(株)
  • 西日本高速道路エンジニアリング四国(株)
  • (株)機能性食品開発
  • (株)日本ファインケム
  • 一建設(株)
  • (株)まつもとコーポレーション
  • (株)カザケン
  • (株)デンソー勝山
  • 岡山日野自動車(株)
  • (株)岡山マツダ
  • (株)ホンダ四輪販売岡山
  • …など

就職支援

◆インターンシップで憧れの業界へ!
より実践的な学びを得るため「インターンシップ制度」を導入しています。実際の現場でプロから直接指導を受けることで、仕事や業界のことをより詳しく知ることができます。学校で学ぶだけでは得られない生きた技術とプロ意識。これらは必ず憧れの業界への就職につながります。

◆企業から求められる人に!
入学時からキャリア教育に取り組むカギセン。一人ひとりの希望や適性に合わせた個別指導はもちろん、就職セミナーや校内企業説明会など各求人企業からのバックアップもあり、毎年高い就職率を誇ります。また、卒業生の活躍が地元企業からの信頼をさらに厚くしています。

各種制度

岡山科学技術専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

カギセン独自の学費減免・特待生制度

ご家庭の経済的負担を軽減するため、カギセン独自の制度を設けています。

◆指定校奨学金:授業料より10万円を減額
◆専願奨学金:授業料より2万円を減額
◆特待生制度:授業料全額~3万円を給付
◆家族割引:授業料より10万円を減額

※上記全て初年度のみ。
※詳細は学校公式サイトにてご確認ください。

フィットネスクラブ利用料金が全て無料!

本校指定のフィットネスクラブ「ABLE(エイブル)」は、受付にて本校学生証を提示すれば、全施設の利用料金が無料になります!
運動不足や疲れた体をリフレッシュするには最適です。
フィットネスクラブ「ABLE」を積極的に利用して、健康的な学生生活を送ろう!
※ABLEは、昭和町校舎と高柳校舎のちょうど中間あたりに位置しています。

岡山科学技術専門学校 フィットネスクラブ利用料金が全て無料!

「高等教育の修学支援新制度」対象校

本校は2020年4月から実施の高等教育の修学支援新制度の対象校となっています。
「学問追求と実践的教育のバランスの取れた質の高い教育を実施する大学等」と認められた学校のみが対象校となっています。
※詳細は、文部科学省ホームページ「高等教育の修学支援新制度」を参照ください。

学びの分野/学校の特徴・特色

岡山科学技術専門学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 地球・環境・エネルギー
  • 芸術・表現・音楽

岡山科学技術専門学校で目指せる職種

  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ
  • 食・栄養・調理・製菓
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

岡山科学技術専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 学費返還制度
  • 納入期限延期制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

岡山科学技術専門学校の所在地

昭和町校舎

所在地

〒700-0032
岡山県岡山市北区昭和町8-10

交通機関・最寄り駅

JR山陽本線・桃太郎線(吉備線)・伯備線・瀬戸大橋線「岡山」駅西口から徒歩7分。

岡山科学技術専門学校のお問い合わせ先

入試事務局

電話 0120-45-7171 (携帯電話からもOK) / 電話 086-255-7171
FAX: 086-255-7093
Mail: info@mail.oist.ac.jp

  • 学校No.2334
  •  
  • 更新日: 2020.03.01