消費生活アドバイザーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「ビジネス・経営」に戻る

消費生活アドバイザー

ビジネス・経営系の仕事
消費生活アドバイザー

どんな
職種?
消費者からの意見を受け止め改善のアドバイスを行う

企業などに寄せられる消費者からの意見を、消費者相談窓口で受ける仕事。消費者からの苦情・相談に応じて適切にアドバイスを行うだけでなく、消費者の動向も把握し、意見や提案をまとめていく。そして、それに基づいて商品開発や企画、経営改善などを企業に向けて働きかける。つまり、消費者と企業をつなぐ存在であり、経済社会の中でそれぞれの意識向上に大きく貢献することとなる。活躍の場は、一般企業のほかに省庁・自治体、各種団体の消費者関連部門などと幅広い。日本産業協会が認定する民間資格がある。

こんな人に
おすすめ!
企業の発展のための的確なアドバイスと提案能力が求められる

企業と消費者の間に立って苦情やトラブルを解決することが必要なので、それぞれの立場から総合的に判断し、的確なアドバイスや対応ができる人が望まれる。消費者の意見をしっかりヒアリングし、企業の発展のためにアドバイスを含めたフィードバックをすることもあるので、分析力や提案力も重要である。傾聴力があり、コミュニケーション能力が高い人が望ましい。

消費生活アドバイザーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:教養学、総合政策学、社会学など
  • 民間資格:消費生活アドバイザー資格試験
  • 採用試験 就職先:地方自治体、省庁、食品会社など
  • 消費生活アドバイザー
  • Point1

    経済産業省認定の消費生活アドバイザーの資格取得が必要だ。年齢制限や学歴に関係なく受験することができる。5年更新の資格である。

  • Point2

    消費生活アドバイザーの資格取得後は一般企業や地方自治体などで働くことができる。取得後は、指定の研修を受けると資格の更新が可能である。

ビジネス・経営系のその他の仕事

消費生活アドバイザー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける