中小企業診断士になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「ビジネス・経営」に戻る

中小企業診断士

ビジネス・経営系の仕事
中小企業診断士

どんな
職種?
中小企業の経営について診断・アドバイスを実施

経営者の依頼により、中小企業の経営全般の診断やアドバイスを行う仕事。経済・経営学などを軸とした豊富な知識を駆使し、経営計画を立て、依頼を受けた企業に向けた支援や問題解決のための指導を進める。一般企業だけでなく、地方自治体の各部署から委託されることもある。その際は、行政、金融機関と企業の間に立って、問題解決の調整を促す。国家試験の「中小企業診断士」合格後に、自分が勤務する企業内で働く有資格者やコンサルティング会社に在籍して活動するケースも。商工会議所などと連携して独立することも可能だ。

こんな人に
おすすめ!
経営課題を見極める洞察力と特性にあった解決策を提案する能力が必要

企業の経営状況を正確に見極めるために、経営の専門知識やデータ分析力、論理的な思考力などが求められる。企業とそこで働く人々の未来のために経営課題を発見して解決策を見出し、それを提案する力が必要となる。会社の未来を左右する意思決定を助言するため、客観的に物事を判断できる人物が望ましい。

この職種の収入は?

平均年収501.0万円~800.0万円 [データでみる中小企業診断士(独立行政法人中小企業基盤整備機構)「業務全体」の日数が100日以上の方 参照]

中小企業診断士を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:経済学、経営学、商学、金融学、ビジネス学など
  • 国家資格:中小企業診断士
  • 採用試験 就職先:コンサルティング会社、中小企業支援センターなど
  • 中小企業診断士
  • Point1

    中小企業診断士自体が国家資格であり、試験合格が必須条件となる。誰でも受験できるが、科目数が多く、独学での合格は困難と言われているためスクールなどに通う人が多い。

  • Point2

    中小企業診断士の一次国家試験に合格後、養成課程を修了するか、二次試験に合格すると中小企業診断士としての登録が行える。

ビジネス・経営系のその他の仕事

中小企業診断士
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける