船員・パイロット養成とは学問情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「学問トップ」に戻る

船員・パイロット養成

工学・建築系の学問
$studyCategoryName

どんな
学問?
航海やフライトで不可欠な高度な知識と技能を身に付ける

船員になるための学びでは、大型の船舶職員となる国家資格「海技士」をはじめとする船員の業務に不可欠な学科と技術を身に付ける必要がある。たとえば、自然科学分野では海流や気象について詳しく学ぶ。また、法規分野では海上交通法など、機関士業務に必要な工学分野では熱機関工学などを履修する。パイロットになるための学びでは、航空大学校もしくは民間の養成課程で学科および実技を習得する。操縦に求められる広範な知識と高度な技能が要求される。

この学問の
学び方
たとえば、航空大学校で行っているパイロット養成の場合には、まずは学科訓練を受けてから、実際に空を飛ぶ基本的なフライトトレーニングに入る。その後、プロに求められる高度なフライトをマスターする。最後に計器だけを見て飛行する計器飛行をマスターすれば修了である。

船員・パイロット養成

この学問は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

この学問とつながる職種どんな職種とつながっているかチェックしよう!

この学問とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

工学・建築のその他の学問

船員・パイロット養成を学べる
学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける