アプリケーションエンジニアになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

アプリケーションエンジニア

コンピュータ・Web・ゲーム系の仕事
アプリケーションエンジニア

どんな
職種?
システム開発プロジェクトの計画と実行を行う責任者

システム開発プロジェクトの責任者として、計画と実行を行う仕事。開発チームのプログラマーをとりまとめる役割も担っている。まずは利用者の要望をヒアリングして、分析。システム設計においては、開発チームのプログラマーを指揮してアプリケーションを構築していく。システム開発への高度な知識が求められ、システムエンジニアやプログラマーとしての実務経験を重ねた上で、アプリケーションエンジニアにステップアップすることが多い。

こんな人に
おすすめ!
コンピュータ分野の知識とリーダーとしての管理能力

正確な分析能力を持ち、プログラミング、ハードウェア、ソフトウェア、データベース、ネットワークなどのシステム開発で必要となる専門知識を豊富に持っている人が適している。開発チームを統括し、スタッフたちと協力して業務を遂行していくリーダーシップとコミュニケーション能力が必要とされる。

アプリケーションエンジニア

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

アプリケーションエンジニアを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:数学、情報学、情報工学、通信工学など
  • 採用試験 就職先:ソフトウェア開発会社など
  • アプリケーションエンジニア
  • Point1

    国家資格には「情報処理技術者試験」がある。取得すれば知識や能力の証明となり、信頼や業務の幅の拡大につながるだろう。

  • Point2

    まずはシステムエンジニアやプログラマーの仕事に就くケースが多いので、システム開発に必要な仕事の知識を深めておくとよい。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

コンピュータ・IT系のその他の仕事

アプリケーションエンジニア
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける