データベース検索技術者(サーチャー)になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

データベース検索技術者(サーチャー)

コンピュータ・Web・ゲーム系の仕事
データベース検索技術者(サーチャー)

どんな
職種?
世界中のデータベースの中から顧客が求める情報を手に入れる

膨大なデータベースの中から必要な情報を的確に入手し、顧客に提供する仕事。企業や医療機関、研究機関などから依頼を受け、世界中に数千あるデータベースにアクセスして情報を検索。コンピュータやデータベースに関する高度な知識が必要で、目的によっては整理や加工も行う。資格には情報科学技術協会の「データベース検索技術者認定試験」があり、情報検索に関する知識のほかに英語力も試される。必須資格ではないが、取得することで仕事の幅が広がるだろう。

こんな人に
おすすめ!
ニーズに合わせた情報資源を発見・活用・伝達する能力

パソコンの知識や情報整理学に富んでいることが必要となる。英語で書かれたデータも多いため、英語力が必要だ。また、膨大なデータの中から、必要な情報を取り出して活用する必要があるため、物事の要点をまとめ、伝達する能力のある人に向いている。

データベース検索技術者(サーチャー)を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:図書館情報学、情報学、通信工学など
  • 採用試験 就職先:代行検索会社、特許事務所、図書館、一般企業など
  • データベース検索技術者(サーチャー)
  • Point1

    膨大な知識と情報を有効に生かす図書館情報学を勉強すると、就職に有利になる場合がある。

  • Point2

    情報検索基礎能力試験や応用能力試験に合格しておくと、仕事をする上で信頼度が増すことがある。

コンピュータ・IT系のその他の仕事

データベース検索技術者(サーチャー)
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける